ソウルピーナッツ

New Releases

Rich Homie Quan / Rich As In Spirit

18年04月05日

Release Date / Mar. 16 2018

ここのところのヒップホップ・シーンは南部勢から非常に濃いアルバムやミックステープが数多くドロップされており、筆者としてもサウス熱が高まっている中、またしてもアトランタから濃い目のアルバムが落とされた。そんな彼のメジャーデビューは2013年の事なので、キャリアもそろそろ若手から中堅へと移行する頃だが、日本での知名度はイマイチ?なような気がする。いやいや、あのYGの2014年のヒット曲‘‘My Nigga’’にフィーチャーされていたイキの良いラッパーがいたでしょう?そのイキの良いラッパーこそが本稿の主役であり、つい先日にニューアルバム「Rich As In Spirit」を発表したリッチ・ホーミー・クワンである。これまでも‘‘Type Of Way’’や先ほど述べた‘‘My Nigga’’などのヒット曲にも恵まれているリッチ・ホーミー・クワンだが、これまではどちらかと言えばドレイクやリル・ウェイン、バードマンといった大物の影に隠れている印象も強かった。盟友であるYGやジーズィーに比べるとクワンの名前は日本ではあまり聞かない事なんかも、その辺が一因しているかもしれない。ところが今回ドロップされた「Rich As In Spirit」はどうだろうか?一聴してサウス産だと分かる旬のトラックに他のラッパーとは一線を画すメロディアスなフロウは既に完成度が高い。今作からの先行して発表されたシングル‘‘Changed’’や‘‘34’’あたりは特に顕著で、クワンのフロウはサウス系のラップが苦手な人にも聴きやすいとさえ思う。ただ、セールス的にはもう少し毒っ気があった方がウケが良いことも事実。例えば同じアトランタ出身のラッパユニットであるミーゴズなんかは音楽の完成度としてはクワンよりも劣っているように見えるにも関わらずセールス的には大成功を収めている。このあたりの最近のサウス勢のヒットの中にこそリッチ・ホーミー・クワンが更に弾けるヒントがあるように思えるのだが、難しいところだ。筆者としては今作「Rich As In Spirit」のバランス感覚の方がチャート上位にいるアルバム達より好きだったりするので、評価するのが悩ましい(笑)
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ