ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Estelle / Lovers Rock

Release Date / 7 September 2018

デビュー当時は〈UKのローリン・ヒル〉と呼ばれるほどのシンガーだったエステルだが、改めて聴いてみるとデビュー最初期はラッパーとしての一面が強かったりして、確かにローリン要素が濃い目のシンガーだったと気付かされる。という訳で、エステルと言えば何といっても2008年に大ヒットしたスタジオ・アルバム「Shine」のイメージが浮かぶのではないか?当時「Shine」は、あのジョン・レジェンドの全面バックアップで制作されたという点もさることながら、シンガーとしてもラッパーとしてもビートを乗りこなす彼女の縦横無尽さから、まさにフージーズ初期の頃のローリン・ヒルと同じようなフレイヴァを感じたと記憶している。その後のエステルの活動を振り返ってみても、どこかヒップホップ・ソウルと言うか現代的なR&Bシンガーの第一人者という印象が耳に残るくらいなので、そんな彼女がニューヨークを拠点とするレゲエの最大手レーベルであるVPに移籍したというニュースは、個人的には少しショッキングな出来事だった。しかも自身にとってVP移籍後初となるアルバムのタイトルが「Lovers Rock」って・・・これじゃあエステルの事を初見の人が聴いたら、彼女の事をレゲエがルーツのアーティストだと勘違いしちゃうよ(笑)
なーんて言いつつも実際に今作を聴いてみるとラヴァーズ成分を交えつつも、力強いソウルフルなR&Bが楽しめるのでご安心を。そもそもエステルは、以前にもショーン・ポールとの‘‘Come Over’’や、ジプシャンとの‘‘Majestic Love’’での客演でレゲエシーンからも評価されていたくらいなので今回のVP移籍も自然な流れだったのかも知れない。そして今作の鍵を握るのはエステルとは先述の‘‘Come Over’’以来のプロデュースとなるスーパー・ダップスだ。実は‘‘Come Over’’はVPのコンピレーションの「Reggae Gold 2009」に収録されていたりと、今作「Lovers Rock」の伏線となっているところが面白いし、実績のある組み合わせ〈スーパー・ダップス × エステル〉だからこそ、ラヴァーズとR&Bの配分が絶妙なバランスのアルバムになったのかもしれない。そう、今作の様にアーティストの出身地や細かなジャンル分け等で区別できない作品に出会うと音楽って本当に楽しい娯楽なんだと思う。だってセネガル産まれでUKの育ちのエステルが、ニューヨークを拠点とするレゲエ・レーベルのVPからR&Bをドロップだぜ?もう意味わからないだろ?(笑)さて、能書きはこの辺にしといて、珠玉の歌声を楽しもうじゃないか!
(DJ YU-1)

BTS / Love Yourself 結 Answer

Release Date / 24 Aug. 2018

たった一度の出来事ならばフロックの一言で片付けられるだろう。だが、K-POPのアーティストが遠く離れたアメリカのチャート = ビルボード200において2度もトップに輝いた事実はどうなのか?そう、K-POPを代表するグループのBts(防弾少年団)がリリースしたスタジオ・アルバム「Love Yourself 結 ‘Answer’」が前作「Love Yourself 轉 ‘Tear’」に続き2作連続でビルボード200にてチャート1位を獲得したというニュースが飛び込んできたではないか!もちろんK-POP史上初、それどころか恐らくはアジア全体を見渡しても唯一の快挙だろう。しかし、悲しい事にこの躍進には一部のネット上で懐疑的な見方もされていて・・・なんでも在米韓国人による買い占め運動がもたらした結果だの、韓国の国策によるゴリ押しだの、まるでBtsの実力に疑問符を付けるかの様な意見が目立つのだ。だが、実際に彼らのアルバムを聴いてみると楽曲そのもののレベルの高さには本当に驚かされたし、筆者の目にはBtsの実力は本物として写るのだが・・・うん。やはりビルボードにおいて2作連続トップの実績は一流の証なのでは?そのポテンシャルの高さは、シングルチャートでもK-POP史上快挙の全米トップ10に食い込んだ先行シングル‘‘Fake Love’’を聴いても一目瞭然。同曲でのBtsは、アジアのアイドルグループからの脱却を図りはじめていて、むしろ世界のマーケットを強烈に意識した印象を受けた。この貪欲さ・・・例えばヒップホップだろうがEDMだろうが良いと思うものは独自の解釈で吸収していく貪欲さは、K-POPのアーティスト全体としてみられる傾向だが、Btsが叩き出した素晴らしい結果を見るからに方向性としては間違ってはいない事が伺える。その中でも特に印象的に感じるのが、彼らの英語によるリリックでビートに合わせるセンスの高さだ。今作でいえば、‘‘Trivia 承 : Love’’、‘‘Her’’、‘‘MIC Drop’’で魅せたラップの巧さたるや!これは英語圏では無い国のアーティストのフロウとは思えないレベルだと断言する。ゲストにSteve AokiやNicki Minajを起用できるあたりもワールドワイドに抜きん出た証。もはや個人的には彼らが〈K-POPのアイドルグループ〉と呼ばれることに違和感を感じるくらいだ(笑)もう、アイドルじゃなくて〈一流のアーティスト〉と呼んでいいスキルでしょう?少なくとも日本人のアイドルには、このレベルの英語を操りながらトラックを支配するラップの使い手は居ません。
(DJ YU-1)

The New Respects / Before The Sun Goes Down

Release Date / 17 Aug. 2018

このグルーヴ感は本物か?と、言うのもテネシー州はナッシュビル出身の4ピース・バンド = ザ・ニュー・リスペクツがリリースしたデビューアルバム「Before The Sun Goes Down」から聴こえてくる小気味良いサウンドがクセになってしまい、耳から離れないのだ。うん、この素晴らしいグルーヴ感は良いとしてニュー・リスペクツ自体が聞き慣れない名前のバンドであるのだが、そもそも彼らはどんなアーティストなのだろうか?筆者をはじめ全くのノーマークだったリスナーも多い事だと思われるが、実は昨年の2017年3月にリリースしたデビューEP‘‘Here Comes Trouble’’の時点で、米Rolling Stone誌の「知っておくべき新人」に選出されるなど既に現地では注目のアーティストだったようだ。そして‘‘Here Comes Trouble’’でのデビューから約1年半が経過した今、いよいよ1枚目のスタジオ・アルバムとなる「Before The Sun Goes Down」の発表となった訳だが、これが先述した通りグルーヴ感が素晴らしいアルバムとなっている。少し乱暴な例えになるが今作からは、DJであるマーク・ロンソンが「Uptown Funk」で表現したサウンドを生音で奏でるような心地良さを感じるのだ。とはいえニュー・リスペクツが生音一辺倒のバンドかと言えばそうでもなく、今作の収録曲で言えば‘‘Trigger’’の後半で聴かせるタイトなスクラッチ、または‘‘Something To Believe In’’ではノートリアスB.I.Gが‘‘Hyphotize’’で使用したことでも知られるハーブ・アルパートの名曲‘‘Rise’’をさりげなくサンプリングしていたりと、スタジオミュージシャンとしての器用さも見えとれる。この繊細な構築力はニュー・リスペクツがドラムのダリウス・フィッツジェラルド以外は女性で構成されたバンドであるが故だろうか?いずれにせよ面白いアーティストがまた一組エントリーしてきたことに間違いは無い。是非ライブの様子も見てみたいグループだ。
(DJ YU-1)

YG / Stay Dangerous

Release Date / 3 Aug. 2018

LAはコンプトン出身で、デビュー前は西海岸最大のギャング組織であるブラッズの構成員。ウェッサイのラッパーとしては文字通りのエリートコース?とも言える出自を誇るラッパーがYGだ。勿論この経歴は御飾りなんかでは無く、ギャングスタラッパーとしては王道を行くキャリアを歩んできた。本来は盟友であるはずのDJ マスタードとのビーフに始まり、2015年にはレコーディング中に銃撃に襲われながらもなんとか生き延び、翌年の2016年には政治関連のラップソングとしては過去最大の問題作であろう‘‘FDT(Fuck Donald Trump)’’をリリースと、西海岸のギャングスタらしいと言えば、らしい活動を展開してきたYG。いや、しかし時代が90年代ならいざ知らず、ヒップホップが普段からポップスを聴くような層にまで浸透してきた2010年代となった今ではYGのスタイルは、いささかヤンチャ過ぎるのでは?と、いらぬ心配をしていたのだが・・・どうやら約2年ぶりのスタジオアルバムとなる今作「Stay Dangerous」で、そんな心配は吹き飛ばしてくれたようだ。そう、いかにリリックで扱うトピックスが危ういものだろうとも、しっかりと聴かせるライムとフロウを持つラッパーがYGなのだ。更には関係が回復し、共同でレーベルまで立ち上げたDJ マスタードが全15曲中、10曲をプロデュース。このトラック達が、いずれもタイトでありYGのラップをより引き立てる。うーん、この男は流石にただの不良自慢では無かったか。正直に言って前作でいうところの‘‘FDT(Fuck Donald Trump)’’の様な〈これぞキラーチューン〉と呼べるような一曲は今作からは見当たらないが、作品としての完成度は今作「Stay Dangerous」の方が高いのではないか。もちろん和解したDJ マスタードの手腕や旬なゲスト陣による力も大きいのだが、YGのラップのトラックへアプローチも大幅にアップロードされている。現に「Stay Dangerous」はビルボード・アルバムチャートで初登場5位と上々のスタートを切っているではないか。って、あれ?8月18日付けのアルバムチャートって1位から8位まで全部ヒップホップ勢で独占されている!?実はこれは米Billboard誌によると史上初の出来事だそうで。それどころか最近のヒップホップの勢いだと、いずれトップ10全て独占なんてことも有り得たりして?・・・想像しただけで体が縦に揺れちゃうよ(笑)
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ