ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Fabolous and JadaKiss / Friday On Elm Street

Release Date / Nov. 24 2017

共にニューヨーク出身で2000年代初頭のヒップホップシーンで凌ぎを削ってきたMCといえばファボラスとジェイダキス。当時のヒットメイカー、例えばDJクルーやケイスレイ、ファンク・マスター・フレックス等が仕掛けるマイクリレー物のトラックでは必ずと言って良いくらい彼らのラップが聴けたあの熱い時代・・・あれから2人共にベテランと呼べるまでのキャリアを重ねてきたが、あの当時の熱量を持ったコラボ・アルバムがシーンに投下!!いや、実際のところはファボラスとジェイダキスによるミックステープの共作計画がアナウンスされてから一年余りが経過しており、今作を待ちくたびれていたファンも多いことだろう。そして待たされた甲斐のあるファットなビートにどうぞ安心してください(笑)
その「Friday On Elm Street」なるタイトルの今作はアルバムのイントロとなる‘‘F vs J Intro’’のシリアスな導入から幕を開けるが、ビートが鳴ったと同時に東海岸のヒップホップのそれだと分かる空気感が一気に広がる。西海岸でもなければサウスでもない、ニューヨークのミドルスクール特有の殺伐さに絡まるファボラスとジェイダキスのフロウもタイトだ。そして‘‘Stand Up’’、‘‘I Play’’ではスウィズ・ビーツ、‘‘Ice Pick’’ではスタイル-Pといった同世代のゲストとの相性の良い共演が聴けるのも嬉しいところ。また‘‘Stand Up(Remix)’’なんかではトラック自体はオリジナルのまんまで使用してるのに、ゲストのラッパーのパートを増やしただけでリミックスと言い張るあたりが最高に2000年代前半っぽくて笑ってしまった。(当時のこの手法のリミックスのゲストは大体バスタ・ライムズとM.O.Pだったりする)こんな感じで、個人的には大いに楽しめた「Friday On Elm Street」だが、今作がビルボードチャートでも初登場でTOP 10に入ってきた事実には驚いた。この手のサウンドは現行シーンでは苦戦するかと思っていたが・・・これで通算ではファボラスが6作目、ジェイダキスには5作目となるTOP 10アルバムとなった。流石に2人共まだまだ老け込む年ではなかったという事か。ニューヨークサウンド好きにはドープな一枚。
(DJ YU-1)

Talib Kweli / Radio Silence

Release Date / No. 17 2017

コンシャス・ラッパーの第一人者と言えばこの男だろう。かつては盟友のモス・デフと共にインディペンデント・レーベルの雄であるRawkusのエースとしてアンダーグラウンド・シーンを盛り上げたMCのタリブ・クウェリがソロ名義としては約2年ぶりとなるスタジオアルバム「Radio Silence」をリリースした。個人的にはMCネームをモス・デフから改名したヤシーン・ベイとのデュオ=ブラック・スターのリユニオン作が先にドロップされると思っていたが(ここのところ再結成の噂が絶えなかった)まさかソロアルバムの方が先にくるとは。いやいや最近のクウェリの精力的な制作活動を見ると、このタイミングでのリリースも納得のものがある。前作「Fuck The Money」を2015年に発表して以降もトッププロデューサーのナインス・ワンダー、まさかの復活を遂げたア・トライブ・コールド・クエスト、「Malibu」で評価が急上昇したアンダーソン・パーク等々、いずれも注目を集める作品に参加しては相変わらずのリリシストぶりを見せつけたクウェリである。なかなかブラック・スター再結成のタイミングが合わずとも‘‘らしさ’’全開のこのアルバムの投下はアングラ好きのみならず、良質なヒップホップを愛するリスナー達にとっての一足早いクリスマスプレゼントになったのでは?まず今作からのリードシングル‘‘Heads Up Eyes Open’’ではゲストのリック・ロスに加えてシンガーのヤミー・ビンガムがゴスペル調のコーラスで華を添えてくれ、アルバムタイトルでもある‘‘Radio Silence’’では昨今のシーンの商業主義をさりげなく皮肉るコンシャスっぷりに一本取られ、オー・ノー制作の‘‘She’s My Hero’’では直球のサンプリングにニヤリとさせられただけでなく、Rawkus時代から相性の良いアルケミストや、昨年から勢いを維持し続けるケイトラナダも制作陣として参加。多彩なトラックもゲストのチョイスも筆者のツボを心地よく刺激してくれた。あー。こうなってくると早くブラック・スターの新作も聴きたい!
(DJ YU-1)

Syleena Johnson / Rebirth Of Soul

Release Date / Nov. 10 2017

言うまでも無くソウル界の重鎮であるシル・ジョンソンの愛娘にして、自身もその歌唱力を高く評価されているシンガーのシリーナ・ジョンソン。このシリーナ・ジョンソンと言えばタイトルが‘‘Chapter’’から始まるアルバムシリーズでお馴染みだ。このチャプターシリーズの直近のアルバムは2014年にリリースした「Chapter 6 : Couples Therapy」である。という事は2017年に発表される彼女の最新作は‘‘Chapter 7’’から始まるかと思いきや、どうやら今回だけは少し趣向が異なるようだ。そんな今作のタイトルは「Rebirth Of Soul」。タイトルそのままにソウルの名曲達を再生させたカバーアルバムだ。そしてこのカバーアルバムの指揮はシリーナの父親のシル・ジョンソンが執っている。そして、このシルのプロデュースワークスが今作のミソだろう。そう、これまでの活動ではどちらかと言えばカニエ・ウェストやコモン、Rケリーといった現代のアーティストとのコラボでヒットを量産してきたシリーナだが、このクラシカルなカバー作品で新たな一面を見せる事になりそうだ。
さて、今作のカバーリストに目を向けると当然の如くシル・ジョンソンの名曲‘‘Is It Because I’m Black’’がクレジットされている。これは予想通りだとして他のカバーリストはというと、カーティス・メイフィールドの‘‘The Making Of You’’、アレサ・フランクリンの‘‘Chain Of Fools’’、エタ・ジェイムズの‘‘I’d Rather Go Blind’’を始めとする全10曲を収録。どれも時代を彩ったソウル界を代表する歌い手達の名曲だが、印象としては選曲もアレンジも非常にオーソドックスなものに感じた。オーソドックスに撤したせいでアルバム自体の新鮮さには欠けるが、その分シリーナの歌唱力が全面的に映えて聴こえるあたりは確信犯か?シル・ジョンソンという一線から一歩引いたベテランだからこそできるバランスだと思うが、これまでのシリーナのチャプターシリーズとは全く別のベクトルの作品になっている。また今作を経ての彼女の自作「Chapter 7」が、どんなアルバムになるか全く見当がつかなくなったと同時に更に興味深くなった。
(DJ YU-1)

21 Savage, Offset & Metro Boomin / Without Warning

Release Date / Oct. 31 2017

元々コラボ作品が乱立するヒップホップ・シーンでは珍しくない組み合わせかも知れない。しかしながら今作は全く予期せぬサプライズリリースだったので少し面食らってしまったリスナーも多いことだろう。筆者としてもありがちな旬なアーティスト同士のコラボアルバムかと思いきや、それぞれの作品が絶好調な2017年中にこんなボムをドロップしてくるとは思わなかったくらいだ。という訳で目下「Issa Album」が絶好調に売れているラッパーの21 サヴェージ、今年上半期にリリースした「Culture」によりブレイクを果たしたミーゴズからはオフセット、そしてシーン内外でヒットメイカーとしての地位を固めたメトロ・ブーミンの3者揃い踏みで制作したアルバム「Without Warning」が面白いことになっている。なんてったって21 サヴェージの「Issa Album」にいたっては現在進行形でチャートインしている最中でのリリースである。セールスの共喰いにならないかと、思わずいらぬ心配までしてしまったが、どうやら杞憂で終わりそうだ。と言うのも今作は21 サヴェージやミーゴズの各々のアルバムとは全くの別物だからだ。そう、この「Without Warning」の鍵を握るのはマイクを握るMC達では無くトラックメイカーのメトロ・ブーミンで間違い無い。グッチ・メインやフューチャーにドレイク等、名だたるラッパーから絶大な信頼を受ける売れっ子プロデューサーであるメトロは、実は今年の7月に自身のレーベルBoominati Worldwideを立ち上げたばかりだ。恐らくレーベル立ち上げから初のアルバム制作が今作になったのだろう。聴けば一発でメトロのビートと分かるトラックからは彼の仕事の充実ぶりが伺える。まずはアルバムから先行カットされたシングル‘‘Ghostface Killers’’からして無機質で殺伐としたメトロ印が全開。この手のトラックはサウスMCとの相性は抜群であるだけに、案の定 21 サヴェージとオフセットのイキイキとしたフロウが随所で楽しめた。ゲストではトラヴィス・スコットやミーゴズから盟友のクエボが援護射撃。ビルボードからはアルバムチャートにおいて今作の初登場4位という情報も入ってきたが、来年度のヒップホップ・シーンは再びサウスが熱く盛り上がるか?今後の勢力図を占う上でもメトロ・ブーミンのプロデューサーとしての手腕にも注視したい。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ