ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Jason Chen / Smile for the Camera

Release Date / Dec. 16 2016
グラヴィティ
2010年代に入り、様々なミュージシャンのデビューのきっかけとして大きな役割を果たしてきたYouTube。このYouTube以前・・・かつてならライブ活動が話題を呼んでスカウトされたり、またはオーディションを受けたりすることがメジャーデビューへの道だろうか?それが今では世界中の何処からでも自身の楽曲を発信し、デビューへのきっかけを掴めるのだから便利な世の中になったものだ。おっと、PPAPの話じゃありませんよ(笑)まぁ、話題のピコ太郎とは‘‘アジア系’’という意味では同じカテゴリーか。いやいや、今回は本格派R&Bシンガーのお話。台湾系アメリカ人、ジェイソン・チェンのスタジオ・アルバム「Smile For The Camera」についてレポートしたいと思う。まず、このジェイソン・チェンとは何者か?ニーヨやクリス・ブラウンといったシンガーの影響を受けたというジェイソン・チェンは2011年頃からYouTubeに自身が歌うカヴァー曲のアップを開始する。すると、どこのレーベルにも所属していない無名の若者の動画が累計1億5000万再生という桁外れのインパクトを残す。日本版YouTubeでも「◯◯歌ってみた」系の動画が散見されるが、はっきり言って素人の歌をまともに聴きたいと思うだろうか?普通なら当然スルーするところであるが、何とジェイソン・チェンというシンガーは「◯◯歌ってみた」系と何ら変わらないスタート地点からの1億5000万再生である。この数字は紛れもなく歌唱力のみで勝ちとった真の実力の賜物であろう。そして2013年には、この歌唱力を武器にアルバム「Gravity」をリリース。同アルバムからは甘いメロディラインが印象的な‘‘Best Friend’’がYouTubeヒットを飛ばす。それ以降チェンの目立った情報が入っていなかったが、ここへきて今作「Smile For The Camera」の発表という訳だ。今作のジャケットのアートワークを見るからに一目でチェンがアジア系であることが分かるが、いざ楽曲を聴くとどうだろうか。台湾系アメリカ人という情報が無い状態で初見の人に聴かせたいくらいだ。確かにクリス・ブラウンあたりの影響を感じるが、しっかりとR&Bしているでは無いか。すでに歌のスキルは一線級。あとは自身にしか出せないオリジナリティが加われば一気に化ける可能性すら感じる。最近では奇しくも宇多田ヒカルの‘‘光 -Ray Of Hope MIX-’’が全米iTunesチャートで2位に付けるニュースが入ってきたばかり。アジア系シンガーが全米を席巻する日も近い?
(DJ YU-1)

Justine Skye / 8 Ounces

Release Date / Dec. 23 2016
justine-skye-8-ounces-1
ミュージック・シーンにおいて‘‘ジャスティン’’と言えばジャスティン・ビーバー?はたまたジャスティン・ティンバーレイクか?いやいや本稿では第3の‘‘ジャスティン’’と言う訳では無いが、ジャスティン・スカイという女性シンガーについて触れてみたい。日本のリスナーにとっては全くのノーマークの存在だろう。(実は筆者もそうでした・・・)だが、これがなかなか面白い経歴のシンガーで楽曲のクオリティにも確かなものがあり、これからの活動が大いに気になった。このニューヨーク産まれの21歳になるシンガーは2010年にドレイクの名曲‘‘Headlines’’のカヴァーをYouTubeで公開すると俄かに注目を集め、2012年にはアトランティックレコードとの契約に漕ぎ着ける。翌年にはシンガーソングライターのオーガスト・リゴ、エリック・ハドソンの共作となるシングル‘‘Everyday Living’’でデビュー。無事にジャスティン・スカイの名をシーンにエントリーさせるとデビューから2年後の2015年に1stアルバムとなる「Emotionally Unavailable」を発表。すると彼女の存在はJAY-Zの目に止まり、自身が主催するRoc Nationとジャスティン・スカイの契約に結びつける。そしてRoc Nation移籍第一弾となる作品が今作「8 Ounces」という訳だ。これが筆者個人的にもストライクの内容だった。どちらかと言えばオーセンティックな仕上がりの曲が目立つが、その分歌い手の力量が際立って聴こえるのだ。流石はヒップホップ・ソウル系のR&Bの台頭が著しかった1995年にニューヨークで生まれ育っただけの事はある。勿論この作品の素晴らしさは彼女の年齢の割には落ち着いたボーカルに寄るところが大きい。しかし、今作のプロデュースを担当したトリッキー・スチュアートの手腕も見事。あのリアーナの大ヒットシングル‘‘umbrella’’のプロデューサーでもあるトリッキーを起用した事からもRoc Nationが如何にジャスティン・スカイへ期待しているかが伺い知れる。また彼女自身のキャラクターも個性的なのが良いではないか。パープルに染めた髪にエキゾチックな顔立ちが目を引くビジュアルは‘‘世界で最も美しい女性100人’’にも選ばれたそうで・・・うん。いかにもJAY-Zが気に入りそうな逸材である(笑)
(DJ YU-1)

Lloyd / Tru

Release Date / Dec. 9 2016
lloyd-tru
完全にフェイドアウトしたかと思われた男がR&Bシーンに帰ってきた。筆者もうっかり名前を忘れそうになってしまったが、その歌声を聴く限りブランクの心配はいらなさそうだ。かつて、あのジャ・ルールを擁したレーベルThe Inc.(旧マーダーInc.)から18歳の若さでデビューしたロイド。当時全盛を極めたマーダーInc.の後押しもあっただろうが、リル・ウェインをフィーチャーした‘‘You’’が全米シングルチャート最高9位に食い込むなど存在感を示す。その後もリル・ウェイン周辺の面々と活動を共にし、‘‘Girl Around The World’’や‘‘Bedrock’’といったヒット曲にも恵まれるが、徐々に露出は減っていき2013年以降から完全にフェイドアウトしてしまう。しかし、この3年間の沈黙は自身のレーベルを立ち上げる為の布石だったのだろうか。
2016年に入り、ロイド主催のインディレーベルYoung Goldie Musicを立ち上げると久々の新曲‘‘Tru’’を突如発表。J.U.S.T.I.C.E.リーグがプロデュースした同曲でロイドはブランクを全く感じさせないメロウな歌声を披露。続け様にロイド名義では約5年振りとなるニューアルバム「Out My Window」をリリースする用意がある事を発表すると、先日発表した‘‘Tru’’に新曲3曲とリミックス1曲を追加した‘‘Tru EP’’をドロップ。このEPではリック・ロスをゲストに迎えた‘‘Heavenly Body’’、盟友リル・ウェインとの‘‘Holding’’と旬な音に加えてゲストの人選まで抜かりなし。確かにアルバムの前哨戦としては上々の出来栄えであるが、ロイド自身のポテンシャルに期待して今回の復活は少し辛口に五分咲きと評しておこうか。復活を待たされたロイドのファンはたった4曲では満足しないだろうが、ニューアルバム「Out My Window」では、きっと満開の花を咲かせてくるに違いない。
(DJ YU-1)

Joe / #MYNAMEISJOETHOMAS

Release Date / Nov.11 2016
マイ・ネーム・イズ・ジョー・トーマス
昨年の今頃、ヒットチャートを席捲していたアデルの「25」。このアルバムは言わずもがな大ヒットしたシングル‘‘Hello’’を収録している。このいたる所で流れた‘‘Hello’’を果たして聴いたこと無い人が世の中にいるのか?ってくらいに勢いがあった昨年の今頃に大胆にもリアルタイムでカバーしたシンガーがいるのだが御存知だろうか?何を隠そう本稿の主役のジョーである。20年以上に渡るキャリアを誇る説明不要の大ベテランだ。いくらジョーとはいえ絶賛ヘヴィローテーション中の当時にアデルのカバーとはかなり勇気のある行為だったと思うが、そこは重鎮の貫禄か同曲のカバーは瞬く間に約500万再生を稼ぎ、逆にジョーのソウルフルな歌唱力に注目を集めることに成功。今年にリリースされたニューアルバム「#MYNAMEISJOETHOMAS」の先制パンチとしては強烈なジャブとなったに違いない。
この「#MYNAMEISJOETHOMAS」は、米R&Bチャートで1位を獲得した前作「Bridges」から約2年ぶりのアルバムとなるが、昨年発表したアデルの‘‘Hello’’のカバーは勿論のこと、リードシングルである‘‘So I Can Have You Back’’や、今年の2月に開催されたブラック・ヒストリー・マンスに合わせてリリースされた‘‘Our Anthem’’など、いかにもジョーらしいソウルフルな歌声を全面に押し出した楽曲が並ぶ。ゲストシンガーとのデュエット曲などは一切無く、潔いくらいシンプルな構成でも飽きることなく一枚聴けてしまうのは流石の一言。そして今作で唯一参加したゲストアーティストが、あのレイ・シュリマーの大ヒットシングル‘‘Black Beatles’’にフィーチャーされた急上昇中のラッパー、グッチ・メインというところがまた憎い。このグッチ・メインとの‘‘Happy Hour’’がシンプルな今作の中で良いアクセントになっている。ブラックミュージックの何たるかを知り尽くした男が現行シーンのツボを抑えた結果、何度でも繰り返し聴けるオーセンティックなアルバムに仕上がったという事だろうか。さしずめR&Bの教科書。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ