ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Gregory Porter / Take Me To The Alley

Release Date / May 5 2016
希望へのアレイ
デビュー以来、発表した作品毎にグラミー賞候補に挙がる実力派は前作「Liquid Spirit」で遂にグラミー賞の最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を受賞。そう、文字通りアメリカのジャズシーンを牽引していると言っても過言では無いであろうトップシンガーのグレゴリー・ポーターが約3年ぶりとなるニューアルバム「Take Me To The Alley」をリリースした。もちろん今作もジャズをベースとしながらもグレゴリー自身がマーヴィン・ゲイからの影響を公言するなど、ソウル / R&Bのフレイヴァを感じるのが他のジャズシンガーと一線を画すところだ。まるで円熟期に入ったベテランシンガーの様な大人びた作品となっているのだが、2010年デビューの割と最近のアーティストであり今作が自身4枚目のアルバムという事実に驚かされる。
前作「Liquid Spirit」から名門レーベルであるブルーノートへ移籍し、その結果キャリアを飛躍させたグレゴリー・ポーターであるが、実はアルバム制作に携わるメンバーはインディーズ時代から殆ど変わっていない。流行り廃りが激しい音楽シーンでは珍しい部類だろう。それどころか同じブラックミュージックでも常に新しい波が来て進化を続けるヒップホップソウル系のR&Bと比べると、常に同じメンバーとセッションし続けるジャズバンドは少し後進的に感じるかも知れない。しかし、筆者的にはその継続系こそがオーセンティックなジャズバンドの最大の武器に見受けられる。今作「Take Me To The Alley」も前作からガラっと変わったと言うよりは自身の作風を更に深く練り込んだものに感じるのだが・・・まるで彼に「デジタル化が進むR&Bも勿論カッコ良いけど、生音ならではのセッションも同じくらい魅力的なのだろう?」と諭されているようだ。確かに一曲のシングルが爆発的に売れ、社会現象になるような勢いは今作からは感じない。しかし、アルバム全体を通しての統一感は、そこらへんのヒヨッ子アーティストでは逆立ちしても出せないクオリティである。そのハイクオリティなグレゴリーの制作陣のサックス担当が日本人奏者の佐藤洋祐であることも驚愕の事実なのだが、あまり話題になってはいない事が実に残念である(笑)かなり誉れ高いことだと思うんだけどなー。
(DJ YU-1)

Beyonce / Lemonade

Release Date / April 23 2016
Lemonade
もはや女帝とでも呼びたくなる実績に新たな勲章が。4月23日にTIDAL先行で発表されたビヨンセのニューアルバム「Lemonade」は初動で約50万枚近くのセールスを記録し、アルバムチャートでは当然の如く初登場1位につけた。これでビヨンセはソロデビューから6作連続で全米チャート初登場1位を獲得した訳だが、これは史上初の快挙である。ビヨンセならあり得る快挙とも思えるが、エンターテイメントの歴史が長いアメリカの中で今更ながら新記録が更新されるというのは実に脅威的な事である。なんといっても史上初という事は、あのマイケル・ジャクソンやマドンナですら飛び越えた金字塔なのだから!無論、ビヨンセがトップを走り続けるには理由があり、今作「Lemonade」でもビヨンセのエンターテイメントの女帝っぷりに酔わされた。
まず2月に発表されたアルバムからのリードシングル‘‘Formation’’は人種差別問題や男女間の格差を強烈に皮肉るリリックに加え、曲に連動したミュージックビデオも大きな話題になったが、実は今作はビジュアル・アルバムなるコンセプトの元に映像作品としての側面も持っているというのだ。アルバム収録の全12曲にミュージックビデオが制作されたそうだが、その映像の初公開がまたぶっ飛んでいる(笑)なんと米HBO放送局の放送枠を買収し、その枠をアルバム先行プレミアと称して放送するという力技を披露!他アーティストの追随を許さないエンターテイナーぶりである。もちろん今作はプロモーションの巧さだけのアルバムでは無く、ケンドリック・ラマーやザ・ウィークエンドに黒人ベーシストのマーカス・ミラー等、旬のアーティストもバランス良く起用。ミュージックビデオの方のゲスト陣も豪華で、夫のジェイ・Zに愛娘のブルー・アイヴィだけでなく、テニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズ、女優のアマンドラ・ステンバーグやゼンデイヤ等、映像の方でも楽曲のレコーディング並のこだわりを持って制作されたことが伺える。更には‘‘Hold Up’’を始めとする複数曲で夫のジェイ・Zの浮気を仄めかすようなリリックも散見され、なんというか「Lemonade」はエッジの効きすぎる作品という印象なのだが、今作の売れっぷりを見るにこれくらいの刺激でもさりげなく纏められるビヨンセというアーティストにしか作れないアルバムなんだと思う。次回作で初登場1位の記録を更に伸ばして、遥か遠いところまで独走しそうな勢いである。
(DJ YU-1)

A$AP Ferg / Always Strive And Prosper

Release Date / April 22
Always Strive and Prosper
あのエイサップ・ロッキーが所属するニューヨークのラッパー集団エイサップ・モブから第二の刺客、エイサップ・ファーグが3年ぶりとなるアルバム「Always Strive And Prosper」を発表した。同グループからはエイサップ・ロッキーに続き2人目のメジャーデビューとなった前作「Trap Lord」以来の2枚目のスタジオアルバムだ。そのロッキーが昨年にリリースした「At. Long. Last. A$AP」も素晴らしかったが、今回のファーグの「Always Strive And Prosper」も決して引けを取らない出来映えであり、全米R&B/HIP HOPチャートでは初登場2位を記録。流石に同チャートの1位はビヨンセに譲ったものの初動は上々の滑り出しである。更にビルボード総合チャートの方でも初登場で8位に食い込む等、ロッキーに続きエイサップ・モブというグループの層の厚さをまざまざと見せつけられた格好だ。
そんなファーグのニューアルバムだが、盟友エイサップ・ロッキーとの対比も面白い。昨年発表されたロッキーの「At. Long. Last. A$AP」はトラックのプロデュースの大半を身内で固めた事により世界観を統一する事に成功していたが、ファーグの「Always Strive And Prosper」は外部のトラックメイカーを積極的に起用している。DJマスタードやスウィズ・ビーツにファレル等、実にバラエティに富んだ制作陣だ。だからといって今作が雑多な印象を受ける事は無く、作品を通してエイサップ・ファーグというラッパーの世界観を堪能する事が出来る。強いて言えばDJマスタードがプロデュースし、ミッシー・エリオットがゲスト参加した‘‘Strive’’が今作の世界観から少し逸脱して聴こえるが、それさえもフロア映えする良曲である事は間違いない。他にも今作ではプロデューサー陣だけでなく、ゲストアーティストもリック・ロス、チャック・D、フューチャー、クリス・ブラウンにタイ・ダラー・サイン・・・etc.と豪華な顔ぶれがズラリ。しかしながらゲストに喰われない仕事振りはエイサップ・ロッキーにもファーグにも共通しているキャラ立ち故か?この両エースが揃い踏みしたエイサップ・モブのグループとしての新作が早くも聴きたくなったが、しばらくは今作「Always Strive And Prosper」を楽しみながら気長に待ちたいと思う。
(DJ YU-1)

J Dilla / The Diary

Release Date / Apr. 15 2016
Diary
32歳という若さでこの世を去った鬼才、J・ディラ。今作はその彼の遺作となる。と言うのも「The Diary」は、ありがちな未発表作集という訳ではなく、2002年にディラ名義で発表する予定のスタジオアルバムだったのだ。当時ディラが契約を結んでいたMCA Recordsからリリース予定であった今作だが、ディラ自身の契約の破棄や、レーベル自体の消滅などの不運が重なり御蔵入りとなってしまったそうだ。そのままズルズルと時が経ち、陽の目を見ることが無かった今作だが、そんな状況に助け船を出したのがなんとあのNas(ナズ)。彼が2014年から運営するレーベルMass Appeal Recordsとの提携を結ぶことにより「The Diary」はようやくリリースに漕ぎ着けた。本来なら2014年には発表予定だったという今作が諸事情により発表の時期がずれ、2016年リリースになった事には何か運命的なものを感じずにはいられない。そう、今年はディラの死から丁度10年。節目というにはタイミングが良すぎるくらいの絶妙さだ。
そんなアルバム「The Diary」は、実はJ・ディラのラッパーとしてのアルバムなので、トラック制作には全体の半分くらいしか関わっていないのが最大のポイントだろう。それはディラといえばハードコア路線とは一線を画すトラックメイカーとしてのイメージが強いからだ。昨年発表されたスラム・ヴィレッジの未発表音源「Yes!」では、そんなディラのトラックメイカーとしての手腕を存分に堪能出来た。それに対し今作ではピート・ロック、マッドリブ、ハイ・テックといった名だたるプロデューサーのトラックにフロウを乗せるディラを楽しむ事が出来る。意外にも自身が制作するトラックよりもストリート寄りのサウンドとネイティヴ・タンの影響を多大に受けたであろうディラのラップの相性が良く、なかなか面白い事になっている。特にスヌープをゲストに迎えた‘‘Gangsta Boogie’’なんかはJ・ディラというアーティストのイメージからは想像も出来ないタイトルだが妙にハマっているのだ。だが個人的には1曲目の‘‘The Introduction’’の畳み掛けるようなラップの入り方が今作のハイライト。文句無しにカッコ良い。然しながらこんなアルバムが埋もれていたなんて勿体なさすぎる・・・彼の死から10年も経ってしまったが、もう一度彼の声を聴けた事はリスナーとして本当に幸せな事だと思う。R.I.P。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ