ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Bell Biv DeVoe / Three Stripes

Release Date / Jan. 27 2017
Three Stripes
あのボビー・ブラウンやジョニー・ギルも在籍していた伝説のR&Bユニット、ニュー・エディション。このニュー・エディションからリッキー・ベル、マイケル・ビヴィンス、ロニー・デヴォーの3人で結成され、それぞれの名の頭文字から命名されたグループがベル・ビヴ・デヴォーだ。彼らは1990年には‘‘Poison’’、‘‘Do Me’’といったシングルを大ヒットさせ、シーンのド真ん中に君臨していたが、かれこれ15年以上リリースから遠ざかってしまった。もうオールドファンがたまに懐かしむ程度の露出しか無いものと思っていたが、ここへ来て大復活!このベル・ビヴ・デヴォーの本当に本当に久しぶりのニュー・アルバム「Three Stripes」がとにかく素晴らしいのだ。まず今作を外見から語らせてもらうとアルバム・ジャケットのアートワークからして熱いオールドスクールを感じる。このデザインはCDサイズより12インチのヴァイナルの方が似合うと思うが、本人達も当然意識しているだろう。ここまで新譜っぽさを感じないジャケットを2017年現在に持ってくるセンスにやられてしまった。肝心の中身でもブラックミュージック黄金期の90年代へとタイムスリップ。アルバム収録の‘‘Run’’では、あのビギーのクラシック‘‘Hypnotize’’とサンプリングのネタ被りという明らかに狙ったプロダクションを披露。しかも‘‘Run’’を仕掛けた確信犯の正体はエリック・サーモンって、出てくる名前がレジェンドばっかりじゃないか(笑)他にもゲストのクレジットを確認すると、ダグ・E・フレッシュ、SWV、ボーイズ・Ⅱ・メンと90年代を感じる名前がズラリ。更にはどの曲も〔あの頃〕を感じさせる懐かしめのサウンドになっているが、この「Three Stripes」は単なる懐古主義の古ボケたアルバムでは決して無い。実は今作はニュー・エディションの道程を描いた伝記ドラマの放送とリンクするタイミングでリリースされている。そして、このドラマ『The New Edition Story』が同日放送の米視聴率でトップを獲得すると、ジョニー・ギルが自身の新作やグループとしての活動にも意欲を見せるなど、なんだか凄い事になってきた。だって、後はボビー・ブラウンさえ合流すればニュー・エディションの復活だってさ!
(DJ YU-1)

Kehlani / SweetSexySavage

Release Date / Jan. 27 2017
Sweetsexysavage
コアなR&Bリスナーなら1年以上前からケラーニの1stアルバムを待ち焦がれたに違いない。今作は彼女がプライベートに問題を抱えた為に、無事に発表されるか怪しい時期もあったが、2017年に入りなんとかリリースに漕ぎ着けた。しかも内容は期待以上のアルバムに仕上げるあたり、流石は〈R&Bの救世主〉の異名は伊達じゃないといった所か。まだ弱冠21歳。これから十数年間に渡り、R&Bシーンを牽引していく事は想像に難くない。華々しいブレイクから約2年の時を経てリリースされたケラーニのデビュー・アルバム「SweetSexySavage」はビルボード・アルバムチャートで初登場3位につけた。あのスキャンダルさえ無ければもっと上に行けたのでは?とも思えるが、それは少し意地悪な見方かも知れない。それは昨年ゴシップ誌を賑わせた三角関係のもつれからの自殺未遂。いや、それしきのスキャンダルだけでケラーニにレッテルを貼るのは時期尚早だ。幼少時から父を亡くし、薬物依存性の母親との母子家庭、全身に入ったタトゥー・・・ハードな環境から這い上がってきたアバンギャルドな存在感は、そこらへんのアイドルシンガーを寄せ付け無い光を放つ。そう、こんな硬派なシンガーの登場は久しぶりではないか?今作「SweetSexySavage」収録の全ての楽曲の制作にはケラーニ自身が携わり、更にはゲストアーティストの参加は無しというアルバムの陣容を見ても彼女の本格派ぶりが伺える。昨年リリースして高評価を得た先行シングル‘‘CRZY’’、‘‘Distraction’’を皮切りに、‘‘Personal’’という曲ではアリーヤの‘‘Come Over’’をサンプリングする音楽センスを魅せ、ボーナス・トラックではケラーニがブレイクするきっかけにもなったヒット曲‘‘Gangsta’’まで収録と、デビューアルバムにして中々の濃いパッケージング。これを機に幾多のアーティストが彼女をゲストに呼ぶことだろう。まだ日本では浸透していないが、ケラーニの名前は覚えておいて損は無い。力作です。
(DJ YU-1)

Migos / Culture

Release Date / Jan. 27 2017
Yung Rich Nation
2017年の初っ端からヒップホップ・シーンは新たな台風の目に襲われた。その台風の目とは何を隠そうミーゴスのスタジオアルバム「Culture」だ。アトランタ出身のヒップホップ・トリオであるミーゴスは実は結成は2008年、シーンでの初ブレイクは2013年に発表したミックステープ「Young Rich Niggas」と、キャリアはそれなりに歩んできた。しかしながら未だ全米チャートでは全体50位にも入った事がなく、おそらく熱心なヒップホップ好きにはチェックはされるだろうが、一般層への知名度は皆無といって良いくらいの存在だったろうか。そんな燻っていた?彼らへの風向きを変えた1曲こそ昨年10月にリリースしたシングル‘‘Bad And Boujee’’だ。若手のホープであるリル・ウージー・バートをゲストに迎えた同曲はリリース当初こそ低空飛行を続けたが、昨年12月からジワジワとチャートを登りだし、年が明けた1月に遂に全米シングルチャートで1位を獲得。このブレイクのきっかけはSNSによる拡散だというんだから時代を感じさせる。この‘‘Bad And Boujee’’の歌い出しの替え歌をツイッター上でアップするという、まるで大喜利さながらの弄りが大流行するとともにミーゴスもあっと言う間に全国区という訳だ。これって勝手にツイッターで拡散してくれるんだからプロモーションいらずですよね?羨ましい話です・・・更にはミーゴスがゲスト出演したドラマ『Atlanta』が米ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞するという引きの強さまで披露。たった1年前まで知名度の低かった3人組はいつの間にかアルバムリリースを渇望される存在になってしまう。いや、この注目度の中でアルバムを発表するという事は追い風のように見えて逆にプレッシャーも感じそうなものだが、今作「Culture」が全米アルバムチャートで初登場1位を獲得したのは御見事。いわゆる捨て曲無しの素晴らしいアルバムだと思う。しかもこれは筆者個人の意見だけではなく全米のリスナーの総意のようで・・・先日行なわれたNFLスーパーボウルのハーフタイムショーをガガからミーゴスに代えろなんて署名運動が巻き起こると、6万人の署名が集まりちょっとした騒動に(苦笑)年明け早々すごいグループが出たもんだ。
(DJ YU-1)

VA – XXX Return Of Xander Cage OST

Release Date / Jan. 20 2017
XXX: Return of Xander Cage
あのカーアクション大作『ワイルド・スピード』シリーズで知られる俳優のヴィン・ディーゼル主演で2002年に初公開された映画『トリプルX』シリーズ。最新技術を駆使した特殊スパイ道具に加え、ド派手なアクション、この手の映画ではお決まりのセクシー美女が毎回ヒロイン役に抜擢されたりと、アメリカ映画の娯楽要素てんこ盛りのアクション作品だ。いわゆるB級映画の匂いがするが、ミュージック・シーン的には第2作目の『トリプルX ネクスト・レベル』の主演を西海岸を代表するラッパーのアイス・キューブが務めた事で知られているだろうか?そして2017年に公開されるシリーズ第3弾が『トリプルX ザ・リターン・オブ・サンダー・ケイジ』だ。主演を初代のヴィン・ディーゼルに戻し、第2作目の主演のアイス・キューブは映画のサウンドトラックの方で起用される。そうそう、このサウンドトラックがなかなかに強烈な楽曲達で構成されていて、一聴したら映画への興味が否応なしに湧いてきた。今が旬のソングライター、タイ・ダラー・サインがシカゴのクラシック‘‘Saturday In The Park’’をストレートにサンプリングしたアメリカーノズの‘‘In My Foreign’’から幕を開けるサウンドトラックは、ファットジョー&レミー・マのテラー・スクワッドコンビにホヴァを加えた‘‘All The Way Up(Remix)’’、アイス・キューブの‘‘Thank God’’等、ヒップホップ勢が目立つかと思いきや、マッドソニックの‘‘Take It To The Top’’ではバリバリのEDMサウンドを聴かせ、Wattの‘‘Burning Man’’ではロックが炸裂!と、まぁこのサントラ1枚で胃もたれしそうなくらいとっ散らかっているが、アクション映画のBGMにはこれくらいの濃度が丁度良いのだろう。また映画を見た後で聴き直したら印象が変わるか?曲順はともかく一曲一曲が強烈な個性を放っているのでシャッフルしている気分で聴くべし。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ