ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Madonna / Rebel Heart Tour

Release Data / Sep. 15 2017

2015年にリリースされたマドンナのスタジオ・アルバム「Rebel Heart」。全米チャートでは最高2位とリスナー達からなかなかのレスポンスを受けただけでなく、ここ日本のアルバムチャートでも最高8位につける等、世界規模でセールスを伸ばした事は記憶に新しい。そして彼女は、この「Rebel Heart」を引っ提げて2015年9月から世界4大陸55都市に渡って全82公演を開催するワールドツアーを敢行した訳だが、この7ヶ月間のツアーで得た収益は約195億円。これでマドンナのキャリア全体でのツアー収益は1500億円を突破し、更にはこの数字は女性アーティストとしては歴代最高の記録となるそうだ。この記録は当然ながら曲を売り続けるだけではなく、ライブパフォーマンスをキープする体力も求められる。来年には還暦を迎えるとは思えないパワフルな歌声の維持は超一流の証と言えるだろう。この圧巻のステージをCD / DVDに収めた『Rebel Heart Tour』はスタジオ・アルバムとはまた一味違う熱量を持っていて・・・いや、もしかしたらこのライブバージョンは本作を凌駕しかねないコストパフォーマンスを持っているから評価に困る。そう、今作に収められているライブ序盤では、それこそ「Rebel Heart」に収録された‘‘Iconic’’、‘‘Bitch I’m Madonna’’、‘‘Body Shop’’等がテンポ良く流れていくが、ライブ中盤からはべストアルバムさながらのセットリストに圧倒される事になるのだ。‘‘Like A Virgin’’、‘‘La Isla Bonita’’、‘‘Music’’、‘‘Holiday’’と続く怒涛のヒットメドレーはマドンナのファンならずとも耳したことのあるフレーズばかりだろう。こんな贅沢な選曲は長いキャリアの中でトップに立ち続けた人間にしか出来ない芸当だし、各曲のイントロで毎回ボルテージが限界まで上がるオーディエンスの歓声のおかげで聴いてるこちらまで揺さぶられる。埼玉スーパーアリーナの公演では開始が2時間も遅れるハプニングに見舞われながらもライブを大成功に導いたそうだが、この内容ならそれも納得。ライブにもかかわらず生歌を披露出来ないスキルを持つ某国の某アイドルグループ達にはマドンナの爪の垢を煎じて飲ませたいくらいだ。
(DJ YU-1)

Jamila Woods / Heavn

Release Date / Aug. 2017
Heavn
ちょうど一年前には今作をフリー・ダウンロード出来たという事実には驚かされたが、元々フリーで聴けたアルバムを敢えて商業リリースしたという事実もまた驚愕である。それは一体何の事かと言うと、今年の8月15日にデジタル先行配信がスタートし、CDは10月にリリースされるジャミラ・ウッズの1stアルバム「HEAVN」の事である。ソロとしては今作がデビュー作となるジャミラだが、グループとしては自身が大学在学中に知り合ったアーティスト、オーウェン・ヒルと組んだユニットのM&O(ミロ&オーティス)名義でリリースした「The Joy」というアルバムでデビューしている。この「The Joy」が音楽シーン内外から高い評価を得たこと、チャンス・ザ・ラッパーやトランペット奏者のニコ・シーガルらとアルバムを通じて共演出来たことは、ジャミラ・ウッズというシンガーが、後にソロでも素晴らしいアルバムをドロップする布石になった事に間違い無いだろう。現に、この共演をきっかけにニコ・シーガルの別名義となるダニー・トランペットの「SURF」へのゲスト参加を果たし、これまたゲストで呼ばれたチャンス・ザ・ラッパーのアルバム「Coloring Book」がグラミー賞で三冠に輝くと、ジャミラの歌声にも注目が集まり始める。この自身に注目が集まっている最中に昨年発表されたフリー配信アルバムこそが今作「HEAVN」という訳だ。もやは盟友と呼べるチャンス・ザ・ラッパー、ダニー・トランペットといった面子だけでなくフィメールMCのノーネームらがゲスト参加した今作には、プロデューサー陣でもソーシャル・エクスペリエントのピーター・コットンテイルやカーター・ラングといった実力派が参加。クレジットを何回確認してもフリーで配信するには豪華過ぎるアルバムになっているが、当然のごとく「HEAVN」は多数のメディアでのベストアルバム・ランキングに名を連ね、遂に2017年に入ると商業リリースが決定。いや、本当に昨年フリーで聴けた人はラッキーです(笑)R&Bというよりはネオ・ソウルよりの歌声が持ち味のジャミラと、彼女の歌声を活かすべく制作された浮遊感のあるトラック達は間違い無いし、これまで何度も共演を重ねて来たゲスト達との相性も言わずもがな。筆者的にはアルバムタイトルでもある‘‘HEAVN’’、ノーネームが参加した‘‘VRY BLK’’、チャンス・ザ・ラッパーとの‘‘LSD’’あたりが今作のハイライトかな?元々フリー配信していただけあって、ビジネスライクなクドさも皆無であり、日常のBGMとしても秀逸な一枚となっている。
(DJ YU-1)

Elijah Blake / Audiology

Release Date / Aug. 25 2017
Shadow & Diamonds
イライジャ・ブレイク。トッププロデューサーであるNo I.Dに見いだされ、Jay-Z率いるRoc Nationとのマネジメント契約を結ぶ事に成功すると、2015年に1stアルバム「Shadows & Diamonds」をリリースしてデビューを飾った新進気鋭のシンガーだ。このイライジャに対してデビュー当時は、現行のサウンドを上手く取り入れた若手のシンガーというイメージを持っていた。良く言えば流行のツボを押さえた気の利いたシンガーだが、少し意地悪な言い方をすれば無難なサウンドで個性が埋没したシンガーといったところか?これは彼がDef Jam傘下のARTium Recordingに所属していたことも起因しているかも知れない。この印象は、もちろんARTiumというレーベルが悪い訳では無く、デビュー間も無いイライジャ自身の方向性が定まっていなかった事が主な原因だろう。だが、この2年間でNo I.D、Jay-Zの元を離れた彼は‘‘イライジャ・ブレイク’’というシンガーの確固たる個性を手に入れることになる。あのアンダーソン・パークが所属していることで知られるレーベルのSteel Woolに移籍したイライジャは2ndアルバム「Audiology」の制作に取り掛かることになるが、今作からの先行シングル‘‘Stingy’’で新たな一面を魅せてくれた。この‘‘Stingy’’は80年代あたりのディスコサウンドを意識した非常にスタンダードなブラックミュージックである・・・そう、前作「Shadows & Diamonds」からすると、ややオーソドックスに聞こえる一曲なのだ。更に続いて発表した‘‘technicolor’’では、同じく80年代に大流行したニュージャックスウィング調のビートが耳についた。成る程!!イライジャは元々この手のサウンドが好きだったのね。当然、最近のシーンに見られる原点回帰の流れも意識しているのかも知れないが、今作「Audiology」では上記の2曲以外でもオーセンティックなR&Bが中心。確かにDef Jamって感じでは無いサウンドだが、こちらの方が彼には合っているのかも知れない。まぁ、そういう現行サウンドはニーヨやリアーナあたりに任せておいて、イライジャは我が道を突き進んで下さい(笑)個人的にはどちらの音も大好きです。
(DJ YU-1)

French Montana / Jungle Rules

Release Date / July 14 2017
JUNGLE RULES
ニューヨークのヒップホップ・シーンの重鎮であるパフ・ダディによるバックアップの元、華々しいデビュー飾ってから早4年。それ以降も客演ラッパーとして数々のアーティストの楽曲にゲスト参加しつつ、着実にストリートの顔として名前を売ってきたフレンチ・モンタナが、自身名義としては久々となる2ndアルバム「Jungle Rules」をリリースした。今作に先立てて発表されたシングル‘‘Unforgettable’’はすでにシングル・チャートでTOP10に食い込むなど、モンタナ自身もニューアルバムへの手ごたえを感じてを感じていただろうが、「Jungle Rules」に収録されているトラック群は玄人好みのニッチなものが多く、良い意味で期待を裏切られた。というのもヒット中の先行シングル‘‘Unforgettable’’はレイ・シュリマーのスワエ・リーをゲストに迎えたうえに煌びやかなダンスホール調のトラックも相まってキャッチーな曲に仕上がっている。これがチャートでの反応も良いものだから、てっきりこのキャッチー路線のアルバムがリリースされるのかと思いきや、なかなかにドープなサンプリングネタを使用した渋い曲が目立つ作品になっているのが筆者には意外だったのだ。中でもファレルがプロデュースした‘‘Bring Dem Things’’は、あのオーガナイズド・コンフュージョンの90’sクラシック‘‘Stress’’とサンプリングネタを被せているのだが、ちょっと元ネタがアングラ過ぎませんかね(笑)他にも今作収録の‘‘Bag’’や‘‘No pressure’’、‘‘Push Up’’、‘‘Stop It’’あたりのトラックはやはり90年代のストリートを思わせるローファイなサウンドとなっている。もちろん所謂〈今っぽい〉曲も収録されていて、ミーゴズのクエボをフィーチャーした‘‘Migo Montana’’や、マックス・Bと彼の大ファンであるウィークエンドを共演させた‘‘A Lie’’の様な今時のサウンドの存在が今作「Jungle Rules」を一層バランスの良いアルバムへと昇華させている。うーむ・・・これは個人的にもかなりハードコアなヒップホップな作品だと思っていたら、アルバム・チャートにおいても初登場3位を記録。でしょ?やっぱりこういう音は良いよねぇ。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ