ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Stephen Marley / Revelation Pt. II The Fruit of Life

Release Date / July 22 2016
Revelation Part II: The Fruit of Life
レゲエ界のレジェンド、ボブ・マーリーの息子というと誰を思い浮かべるだろうか?正妻だけでなく愛人の子も含めるとなんと10人以上もの遺伝子を残したボブ・マーリー。その子供達は父の才能を受け継いだのか、ジギー、ダミアン、スティーブンら複数の‘‘マーリー’’達でレゲエユニット、ジギー・マーリー&メロディメイカーズを結成すると‘‘Tommrow People’’や‘‘One Bright Day’’などのヒット曲に恵まれ、遂にはグラミー賞までも獲得。親子2代でスターダムを駈け上がるとメロディメイカーズの面々はソロで活動していく事となる。本稿の主役はそのメロディメイカーズの一員であり、先日に自身4枚目となるスタジオ・アルバム「Revelation Part.2」を発表したばかりであるスティーブン・マーリー。その彼がドロップした今作のバックボーンは間違いなくレゲエだが、ブラックミュージックのエッセンスを巧みに取り入れていて全くのオリジナルフレイヴァをまとっているのが特徴的だ。
元よりレゲエは音の傾向がかなり細分化されたジャンルである。ダブやルーツロック、ラバーズにダンスホールと枚挙に暇が無いが、ボブ・マーリーと言えばそのレゲエの中でも特にルーツロックの第一人者だ。もちろんボブの息子であるスティーブンの曲からもルーツロックの面影を感じるが、今作「Revelation Part.2」からはR&Bやヒップホップからの影響も強く感じる。それもそのはず今作のゲストのクレジットを見るとバスタ・ライムズ、リック・ロス、ラキムにピットブルとラッパーの名前がやたら目立つのだ。そもそも90年代にはラガマフィン・ヒップホップなんてジャンルが生まれるくらいレゲエとヒップホップは距離の近い関係にある。だからこそ今作のゲスト陣のラッパーとスティーブンのルーツロックとの相性も抜群なのだろうか?むしろ私は今作をボブ・マーリーの息子では無く、ラガマフィンの第一人者であるシャインヘッドの息子のアルバムと説明されても信じてしまうかも知れない(笑)ジャマイカよりもニューヨークで流行りそうなサウンドのアルバムと見受けられた。もちろん良い意味で!
(DJ YU-1)

ScHoolboy Q / Blank Face LP

Release Date / July 8 2016
Blank Face Lp
あのケンドリック・ラマーを擁するグループ、ブラック・ヒッピーから第2のエースが放つ渾身の一枚。スクールボーイQがリリースした約2年振りのオリジナルアルバム「Blank Face LP」の事である。今作は予想通りと言うか、所謂ヒップホップらしい黒い音で固められており、個人的にも非常に好みのアルバムだ。ウェストコーストのラッパーにしては珍しく?ギャングスタスタイルに否定的な盟友ケンドリック・ラマーとは対照的に生々しいストリートの描写が特徴的なスクールボーイQ。今作でもカニエ・ウェストやE-40、ザ・ドッグパウンドにジェイダキス等、東西の垣根を越えて骨太なラッパーをゲストにチョイス。その為か最近のメインストリーム作品にしては珍しくシリアスなストリートサウンドに仕上がっているが、今作はビルボード・アルバムチャートで初登場2位を記録。No.1を獲得した前作同様の注目度の高さを見せた。(今年の中盤はドレイクが強すぎるせいで涙を飲んだ初登場2位が多い気がする。)
そんな今作の特筆すべき色はやはり正統派ギャングスタラップらしいビートとライムだろう。カニエをフィーチャーしアルバムから先行カットした‘‘THat Part’’
や、ジェイダキスをゲストに迎えた‘‘Groovy Tony’’、E-40との‘‘Dope Dealer’’とブラックなビートのオンパレード。ヒップホップが苦手な人が聴いたら胃もたれを起こしそうな濃さだが、今作は決して単調な作品という訳では無い。とりわけ‘‘Big Body’’でのコミカルなトラックやDJジャジー・ジェフのクラシック‘‘Summertime’’と同ネタ使いで意表を突いた‘‘Kno Ya Wrong’’のような遊び心のある曲も良いアクセントになっていて飽きが来ない。こうなってくるとブラック・ヒッピーの新作も聴きたくなってくるが、こちらは個々のメンバーが多忙な為にレコーディングが進まないそうで・・・それでもスクールボーイQとケンドリック・ラマーという個性が違うMCが起こす科学反応が早く見たいリスナーは私だけはあるまい。しばらくはこの「Blank Face LP」を楽しみながら次の動きを待つことにしよう。
(DJ YU-1)

Mindless Behavior / OfficialMBMusic

Release Date / June 24 2016
#Officialmbmusic
今作を最初に聴いた時に感じた印象は、非常にまとまりの良い高水準のアルバムだという事。ただ、ここまで来るのに遠回りし過ぎてしまったか?そもそも今作「♯OfficialMBMusic」をリリースしたマインドレス・ビヘイヴィア(以下マインドレス)はボーイズボーカルグループとしては円熟期に突入してもおかしく無いキャリアを持つ。だが、度重なるメンバーの入れ替えによりグループ結成当初のオリジナルメンバーはプリンストンのみという状況。確かにマインドレスというボーカルグループはアルバムを何枚も発表して来たが、アルバムをリリースする度にキャリアがリセットされているような印象を受けてしまうのだ。もはやデビュー当時のマインドレスと現在のマインドレスでは全く別のグループと言っても過言では無いくらいだ。ただ、メンバーの入れ替えが激しいグループという先入観抜きに今作をフラットな目線で聴いてみると、改めて素晴らしい作品であることに気付かされる。
今作「♯OfficialMBMusic」の中では西海岸のラッパーのプロブレムとバッド・ラックをフィーチャーした‘‘♯i Want Dat’’やアルバムから先行してリリースされた‘‘♯SongCry’’あたりが個人的なフェイバリットだが、どちらもストリート感を感じるキレの良いR&Bに仕上がっている。かと思えば‘‘♯DanceTherapy’’のようなEDM流儀に乗っかった曲も難なくこなす懐の深さを魅せるなど、現在の音楽シーンのツボもサラリと押さえているので普通にチャートの上位に食い込んでもおかしくないクオリティのアルバムだと思う。かつては全米のティーンを虜にしたマインドレスの片鱗は存分に発揮されているだけにもっと話題になっても良さそうだが・・・哀しいことにメンバーの入れ替えがある度に売り上げはジリ貧の傾向にある。いっその事グループ名を変えてデビュー作に見立てたらバカ売れしたりして(笑)
(DJ YU-1)

Jeff Bernat / In The Meantime

Release Date / July 6 2016
イン・ザ・ミーンタイム
黒人よりもブラックミュージックしているアジア人のR&Bシンガーを御存知だろうか?まるでありがちなCDショップのポップの様な煽り文句だが、彼の経歴やこれまで発表してきた楽曲達、そして今作「In The Meantime」を聴けば決して大袈裟な表現では無い事が理解出来るだろう。その男の名はジェフ・バーナット。彼のルーツはネバダ州出身のフィリピン系アメリカ人である。このジェフがなんのコネも持たず、オーディションを受けることも無くデビューを果たし、シンガーとしての地位を築いた事実はSNS / YouTube世代特有の行動力の賜物と言えるだろう。2009年あたりからYouTube上でスティービー・ワンダーやドレイクのカバーを公開していたジェフ・バーナットはネット界隈で少しずつ注目を集め、2011年には自主制作のオリジナルアルバム「The Gentleman Approach」をリリース。YouTubeで作品をアップしているアーティストが自主制作の作品をリリースする流れは日本でも珍しくはないが、ジェフの「The Gentleman Approach」の様にitunesのR&Bチャートで最高5位に付けてしまうような番狂わせは中々無いだろう。ジェフ自身はこのセンセーショナルなデビューをインターネットのパワーだと評したが、当然の如く作品自体の魅力が無ければ生み出されないヒットであることは間違いない。本稿の冒頭でジェフ・バーナットを‘‘黒人よりブラックミュージックしているアジア人’’と表現したが、彼の音楽は正にオーセンティックなR&Bである。例えばブラックストリートやKC & ジョジョが活躍していた時代のアーティストに感性が近いように感じるのだ。
そんなジェフが新たに作り上げた今作「In The Meantime」では、更にオーセンティックさに磨きがかかっている。アルバム全体を通してBPM遅めのメロウな曲に片寄りがちなところは気になったが、今作のどこを切り取っても純R&B。先入観無く聴いていたら彼の肌の色が何色かなんて気にならなくなるくらいだ。実際のところジェフが人種の壁を乗り越えて、これからのR&Bシーンでどれだけの地位を確立出来るかは未知数だが、もっとアップテンポな曲や、トップクラスのラッパーとの絡み等も聴いてみたくなった。甘い歌声にトレードマークの蝶ネクタイと、すでにキャラは充分立っている。これから何処まで上がっていくのか楽しみなシンガーである。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ