ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

THE INTERNET / Hive Mind

Release Date / 20 July 2018

なんて掴みどころの無いバンドなんだろうか?女性シンガーのシド・ザ・キッドを中心に構成された5人組バンド = ジ・インターネット。果たして彼女らのバックグラウンドはR&B?それともネオ・ソウル?またはトリップホップ?・・・かと思えば、奇才ラッパーとして名高いタイラー・ザ・クリエイターが率いるヒップホップ集団 = オッド・フューチャーの一員であったりもする。このように何とも言えない音楽感を持つジ・インターネットであるが、一つ言えることはこのバンドが織り成すサウンドは間違いなく恰好良いということだ。その証拠に2015年に発表した前作「Ego Death」が第58回グラミー賞で〈最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞〉にノミネートされて以降は世界的な高評価を受け、各メンバーのソロ・アルバムのリリースへと繋げたジ・インターネット。今年で言えば年頭の来日公演が即ソールドアウトを記録した事も記憶に新しい。そして同バンドが、およそ3年振りに発表した通算4枚目となるスタジオ・アルバム「Hive Mind」の出来栄えはどんなものだろうか?そりゃもう、もちろん期待通り!いや、それこそ自称評論家や批判的な耳年増達の遥か上を行くシドのセンスにすっかりやられてしまったくらいだ。まず「Hive Mind」に先駆けて発表されたシングル‘‘Roll(Burbank Funk)’’でのビートなんだが、ここでオールドスクールの教科書とも言えるガズの‘‘Sing Sing’’を大胆に引用している時点で筆者はK.Oされてしまった。まさか、のっけからブレイクビーツの王道を行くなんてね。ジ・インターネットを下手にジャンル分けしようものならヤケドするという事か(笑)しかし、続けてリリースした‘‘Come Over’’では浮遊感のあるトラックにシドならではのボーカルが乗る彼女達の本来の姿を披露したりして聴き手を揺さぶる。やはり掴みどころの無いバンドだなぁと思って聴いていたら、あっという間に2周目に突入していたりして。ああ、成る程。ジ・インターネットのサウンドの妙は、この中毒性にあったのね。
(DJ YU-1)

LOUIE VEGA / NYC Disco

Release Date / 29 June 2018

ルイ・ヴェガ。言わずもがなハウス・シーンにおいてはレジェンドクラスのDJだ。ハウスに関しては比較的に疎い筆者でさえも彼の名前は良く耳にするくらいである。そして、それは何故かと言えばルイ・ヴェガの代表的な仕事の中に、ケニー・ドープと組んだ珠玉のプロデュース・チーム = Masters At Workの存在があるからに他ならない。またMasters At Workとしては2016年に約10年振りとなる来日公演を成功させるなど、日本のダンスシーンからも愛されているルイ・ヴェガだが、彼が先日発表したニューアルバムがなかなか面白いことになっているので是非紹介したいと思う。その新作のタイトルが、何を隠そう「NYC Disco」。そう、タイトルからも分かる通り今作は所謂ディスコサウンドが全開のアルバムで、ハウスは勿論のこと、作中からは濃厚なブラックミュージックの匂いまでするではないか!確かに、かつてのケニー・ドープとの一連の仕事から見てもルイ・ヴェガというアーティストがソウルやファンクにもルーツを持っていることは何となく想像できたが、まさかここまでのファンクネスの持ち主だったとは・・・改めてルイ・ヴェガの手腕に驚くと共に、こんな中身のアルバムがハウスの名門レーベルであるNERVOUS RECORDSからドロップされた事を含め二重の驚きだ。いや待て。今作の肝はNERVOUS RECORDSから発表というところにある。実はNERVOUS RECORDSの創始者であるマイク・ワイズは、70年代にディスコ・ヒットを量産したことで知られるSAM RECORDSのCEOであるサム・ワイズの息子なのだ。そして、SAM RECORDSから世に放たれた過去のヒット曲にインスパイアされたルイ・ヴェガが辿り着いたサウンドこそが今作「NYC Disco」という逸話つき。まさに、作るべき人が作り、出すべき場所から出てきた必然のアルバムと言えよう。DJという文化が未発達な時代にバンド = 生音で産声を上げたダンスミュージックが枝分かれを始めて数十年経った現代、なんとなくハウスは白人の物でヒップホップは黒人の物だなんて誤解をしてしまいがちだったが、今作のお陰で両ジャンル共にルーツは同じところにあるという事を再確認出来た。そんな中、「NYC Disco」はCDでは2枚組というボリュームとなっているが、オリジナル曲に多彩なゲストを迎えたCD 1に対し、CD 2はSAM RECORDSの過去の音源をルイ・ヴェガ自らリマスタリングしたリヴァイバルバージョンとなっており、更に今作はアナログ盤も並行してドロップしていたりと、ディスコというカルチャーへのルイ・ヴェガなりの熱いリスペクトを随所に感じるアルバムとなっている。
(DJ YU-1)

Wiz Khalifa / Rolling Papers 2

Release Date / 13 July 2018

次世代のMCの中でも有望株の筆頭だと思っていたウィズ・カリファが既に三十路を迎えているとは・・・彼に対してはずっと若手のイメージを持っていたけれど、当然ながらそれなりのキャリアを歩んでいたりして、少々見くびっておりました(笑)とはいえ日本のリスナーにとっても知名度は抜群のウィズ・カリファ。それは何と言っても自身最大の出世作となった‘‘See You Again’’の大ヒットがあるからに他ならない。そう、確かに‘‘See You Again’’は日本でもファンが多い事で知られる映画ワイルドスピードシリーズの『ワイルドスピード SKY MISSION』の主題歌に抜擢された事や、人気絶頂にあったポップシンガー = チャーリー・プースによるキャッチーなフックがハマった事もあり、大衆ウケするには充分な背景があった。だが、それらを考慮しても同曲は全米チャートにて通算12週で1位を獲得し、更には〈2015年内において全世界で最も売れたシングル〉に輝くなど、およそ計り知れない大きさのインパクトを残したのだから侮れない。そして筆者としては、ウィズ・カリファを‘‘See You Again’’のメロウなイメージでしか知らないライト層のリスナーにこそ、彼にとって通算2枚目のスタジオアルバムとなる今作「Rolling Papers 2」を是非聴いてもらいたいのだ。そもそもウィズ・カリファが今作の発表をアナウンスした日付が今年の4月20日なのだが、この意味がおわかり頂けるだろうか?要するに北中米の各地が煙に包まれることで知られる4月20日(マリファナデー)に「Rolling Papers 2」(巻紙)のリリースを発表するくらいヤバめなMCがウィズ・カリファなのである。むしろ‘‘See You Again’’で魅せたメロウなラップは彼の内面の一部分に過ぎず、今作で魅せたハードコアなラップの方が本質なのではないか?例えば今作収録の‘‘Blue Hunnids’’、‘‘Goin Hard’’に‘‘Fr Fr’’、またはグッチ・メインをゲストに迎えた‘‘Real Rich’’あたりの殺伐でヒリヒリとしたトラックに乗るタイトなライムはストリート育ちのラッパー特有のフレイヴァで、‘‘See You Again’’でのポップな姿とはまた一味違うことは一目瞭然である。一体どちらの方のスタイルが好みかは聴き手により意見の分かれるところだろうが、個人的には「Rolling Papers 2」をきっかけにウィズ・カリファのリリシストとしての評価がグッと上がるのではないかと見ている。うん・・・どうやら2018年はヒップホップ大豊作の1年になりそうである。
(DJ YU-1)

Sean Paul / Mad Love The Prequel

Release Date / 20 July 2018

2000年代のレゲエの象徴と言えば、この男で間違いないだろう。ダンスホール・シーンの大功労者であり、レゲエ界のみならず各所にクラシックを残してきた帝王 = ショーン・ポール。近年ではIsland UKへのレーベル移籍に加え、昨年はベストアルバム「Duty Classics Collection」を発表するなど、これまでの自身のキャリアを統括すかのような活動が目立っていた彼だが、2018年7月に〈ショーン・ポール第2章の始まりか?〉とでも評価したくなるミニ・アルバムをドロップしてきた。そんな今作「Mad Love」はショーン・ポールがIsland UKに移籍してきてから発表した既発のシングルに加え、幾つかの新曲をプラスしての全9曲というコンパクトなヴォリュームとなっているが、コンパクトなのはあくまでソングリストの曲数だけ。肝心のアルバムの中身はというと夏にぴったりな重厚なダンスホール / レゲトン・サウンドにラテン要素をプラスした贅沢コンボとなっている。この「Mad Love」のソングリストを目にして、特に気になったのはゲストアーティストの多彩さだ。既発のシングルで言えばデュア・リパとの‘‘No Lie’’、ミーゴス参加の‘‘Body’’、メジャー・レイザーとの‘‘Tip on It’’、また今作の為に書き下ろした新曲で言えば、‘‘Naked Truth’’ではジュネイ・アイコ、‘‘Jet Plane Trip’’ではステフロン・ドン、‘‘Bad Love’’ではエリー・ゴールディングと、本当に様々なタイプなアーティストがこれでもかとゲスト参加。どのタイプのアーティストでもダンスホール / レゲトンのビートに違和感無く入り込んでいるあたりも面白いが、やはり主役はショーン・ポール。改めて、この男の声はダンスホールのビートに乗せる為にあるのだと再確認できた。そんな中、唯一ショーン・ポールから主役の座を奪ったのがアルバムタイトル曲‘‘Mad Love’’に参加したベッキー・Gではないか?彼女の事は筆者個人的にもポスト・リアーナ、又はポスト・シャキーラとして大いに注目していたが、今作でもキュートな存在感が◎。‘‘Mad Love’’だけに関しては仮にベッキー・G名義の曲でも納得してしまうほどだ。また兼ねてからベッキー・Gの才能を認め、ゲストに指名したショーン・ポールの目のつけどころも尚良し。このラテンとレゲエの相性の良さは‘‘Mad Love’’の1曲で終わる事なく、さらなる広がりを見せ欲しいものだ。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ