ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Sean Paul / Mad Love The Prequel

Release Date / 20 July 2018

2000年代のレゲエの象徴と言えば、この男で間違いないだろう。ダンスホール・シーンの大功労者であり、レゲエ界のみならず各所にクラシックを残してきた帝王 = ショーン・ポール。近年ではIsland UKへのレーベル移籍に加え、昨年はベストアルバム「Duty Classics Collection」を発表するなど、これまでの自身のキャリアを統括すかのような活動が目立っていた彼だが、2018年7月に〈ショーン・ポール第2章の始まりか?〉とでも評価したくなるミニ・アルバムをドロップしてきた。そんな今作「Mad Love」はショーン・ポールがIsland UKに移籍してきてから発表した既発のシングルに加え、幾つかの新曲をプラスしての全9曲というコンパクトなヴォリュームとなっているが、コンパクトなのはあくまでソングリストの曲数だけ。肝心のアルバムの中身はというと夏にぴったりな重厚なダンスホール / レゲトン・サウンドにラテン要素をプラスした贅沢コンボとなっている。この「Mad Love」のソングリストを目にして、特に気になったのはゲストアーティストの多彩さだ。既発のシングルで言えばデュア・リパとの‘‘No Lie’’、ミーゴス参加の‘‘Body’’、メジャー・レイザーとの‘‘Tip on It’’、また今作の為に書き下ろした新曲で言えば、‘‘Naked Truth’’ではジュネイ・アイコ、‘‘Jet Plane Trip’’ではステフロン・ドン、‘‘Bad Love’’ではエリー・ゴールディングと、本当に様々なタイプなアーティストがこれでもかとゲスト参加。どのタイプのアーティストでもダンスホール / レゲトンのビートに違和感無く入り込んでいるあたりも面白いが、やはり主役はショーン・ポール。改めて、この男の声はダンスホールのビートに乗せる為にあるのだと再確認できた。そんな中、唯一ショーン・ポールから主役の座を奪ったのがアルバムタイトル曲‘‘Mad Love’’に参加したベッキー・Gではないか?彼女の事は筆者個人的にもポスト・リアーナ、又はポスト・シャキーラとして大いに注目していたが、今作でもキュートな存在感が◎。‘‘Mad Love’’だけに関しては仮にベッキー・G名義の曲でも納得してしまうほどだ。また兼ねてからベッキー・Gの才能を認め、ゲストに指名したショーン・ポールの目のつけどころも尚良し。このラテンとレゲエの相性の良さは‘‘Mad Love’’の1曲で終わる事なく、さらなる広がりを見せ欲しいものだ。
(DJ YU-1)

Drake / Scorpion

Release Date / 29 June 2018

昨年の2017年、上半期。ニールセン・ミュージックが全米での音楽消費動向を調査したところ、全ジャンルの音楽の中で〈R&B / ヒップホップ〉が音楽消費量のトップに輝いた。これは〈R&B / ヒップホップ〉というジャンルが確立されてからは史上初の快挙である。そして2018年に入ると同ジャンルの勢いは更に増し、音楽シーン全体のセールスの3割強を〈R&B / ヒップホップ〉の、1ジャンルのみで占めるという異常事態が起こった。
という訳でそろそろ本題に入るが、その”音楽シーン全体で1番人気があるジャンルの中でも別格に売れている男のアルバム”のレビューへと移行しよう。もうお判りだろうか?本稿ではドレイクの新作アルバム「Scorpion」のセールスに焦点を当てたいと思う。そもそも昨年に〈R&B / ヒップホップ〉が消費者目線で1番人気のジャンルに輝いたのも昨年発表されたドレイクの「More Life」の大ヒットがあったからに他ならない。うん。それくらい売れた。もうバカ売れである。この売れまくった前作から僅か1年で更なる大ヒットを飛ばしてくるとは一体誰が予想しただろうか?・・・いや、予想通りか。ドレイクの実績とスキルとプロップスを持ってすれば今作「Scorpion」の記録的ヒットも平常運転とさえ思える。まず、今年のドレイクを語る上で外せないのが1月に発表してから実に11週連続でシングルチャート1位を保持した‘‘God’s Plan’’のヒットがある。そして11週間後に‘‘God’s Plan’’がチャートの首位を明け渡したシングルがまたドレイク自身の‘‘Nice For What’’という離れ業。もう、一体何週間に渡って市場を独占すれば気が済むんだ?っていうね(笑)更には‘‘Nice For What’’では日本でも人気の高いローリン・ヒルの名曲‘‘Ex-Factor’’を大胆にサンプリングした事でもシーンを大いにざわつかせ、「Scorpion」への期待値も否応なしに高まった。そこからのドレイクの衝撃は皆さんも御存知だろう。もうチャートで首位だとか、そういう次元の話ではない。マイケル・ジャクソンが持つシングルチャートTOP 10入りした曲の歴代最多保持記録を塗り替えたとか、2月3日のチャートから5ヶ月以上に渡りヒップホップ勢がチャートの1位を独占する起点になったりとか、はたまたシングルチャートTOP 40の半数にあたる21曲をドレイク1人で占めたとか、もう「Scorpion」はどこから切り取っても記録ラッシュのモンスター・アルバムになりつつある。でもドレイクの一番の凄みはMCとして、リリシストとしての引き出しの多さでは無いか?今作で言えば2枚組で全25曲入りのボリュームの作品を間延びせずに聴かせるフロウや言葉選びの奥深さたるや、もはや同業者に比較対象がいなくなるレベルだ。これだけ売れるには理由があるという事か。
(DJ YU-1)

The Carters / EVERYTHING IS LOVE

Release Date / 16 June 2018

ジェイ-Zによる音楽配信の一大プロジェクトであるTIDAL立ち上げ以降、2016年にはビヨンセの「Lemonade」、そして昨年にはジェイ-Z自身のアルバム「4:44」と続けざまに素晴らしい作品を提供してきたカーター夫妻。いや、普段ならジェイ-Zとビヨンセの事をカーター夫妻なんて呼び方はしないが、今回は敢えてその様に表記してみた。そう、ビヨンセの「Lemonade」、ジガの「4:44」は実はカーター夫妻によるアルバム3部作の第1章と2章であり、今回発表されたザ・カーターズ名義の「EVERYTHING IS LOVE」にてこの3部作のフィナーレを飾るという大掛かりな仕掛けが隠されていたのだ。思い返せば「Lemonade」ではビヨンセはやたらと夫に攻撃的だったし、ジガが返す「4:44」はビヨンセに対するアンサーソングならぬアンサーアルバムのような様相だったが、全ては今作への伏線だったというわけだ。いくらなんでもここまでのスケールとは流石はハリウッドの国といったところだろうか。いや、それだけではない。この「EVERYTHING IS LOVE」はサウンド的にも大作の有終を飾るに相応しい出来栄えで、ちょっととんでもない事になっている。そんな今作の制作陣は、配信限定ながら事実上のリードシングルとなる‘‘Apeshit’’や‘‘Nice’’を手掛けたファレル・ウィリアムス、‘‘Friends’’や‘‘Heard About Us’’ではボーイ・ワンダ、その他3曲を担当したクール&ドレーなどの外部のプロデューサーとカーター夫妻の共同制作となっているが、事実上の制作のイニシアチブはジェイ-Zことショーン・カーターが握っているとしか思えない。あのジェイ-Z最大の傑作である「Blue Print」以降はサンプリングネタのセンスでも揺るがないプロップスを得たジガだが、「EVERYTHING IS LOVE」でも彼ならではのネタチョイスが見え隠れするのだ。その中でも特筆すべきは‘‘Boss’’、‘‘713’’あたりのトラックで、本当にロッカフェラ時代から続く彼のカラーが良く出ている。また‘‘Black Effect’’なんかはジガのクラシック‘‘Girls, Girls, Girls’’に通ずる暖かみのあるプロダクションで・・・そうそう、この‘‘Black Effect’’の元ネタは実は日本人のバンドだったりする。なんと御大 内田裕也のプロデュース、ジョー山中が率いるフラワー・トラベリン・バンドの‘‘Broken Strings’’がサンプリングされているではないか!本来こういった過去のドープなヴァイナルをディグる作業もヒップホップの大きな魅力の筈だが、デジタル全盛の最近のシーンではここまでプロダクションにはそうそう御目にかかれなかった。そういった視点からも今作はとんでもない事になっているのではないか?まぁ、こんな仕事をされてしまったとあっては、きっとビヨンセも「Lemonade」での怒りは水に流して夫に惚れ直した事だろう(笑)
(DJ YU-1)

Jacquees / 4275

Release Date / 15 June 2018

2018年のヒップホップはアトランタの為の年と言わんばかりにホットなアルバムがドロップされているサウス・シーン。いやいや、南部はヒップホップだけではありません。今度はアトランタ産のR&Bシンガーまでニューシットをドロップ。そんなサウスの未来を担うであろうシンガー = ジャクイースが2010年にT.I.をゲストに迎えた‘‘Krazy’’で頭角を現した時の年齢はなんと弱冠14歳!10代とは思えないボーカルの艶っぽさに加え、リル・ウェイン直系のヴィジュアルも相まって一気に若手の出世株へと躍り出たジャクイースは、トレイ・ソングスやニッキー・ミナージュのカバーや自身名義のEP‘‘19’’のヒットを経て2014年に現在も所属しているCash Money Recordsとの契約を果たす。その2年後の2016年にはジャクイースの代名詞とも言えるシングル‘‘B.E.D.’’発表するなど彼の1stアルバムに期待がかかる中、‘‘B.E.D.’’から更に2年が経過した今年になって遂にジャクイース念願のデビューアルバムとなる「4275」が発表されたわけだ。期待のホープのデビュー作ということもあってCash Money Recordsも今作の制作にはかなりの力が入ったのだろう。先述の‘‘B.E.D.’’をプロデュースしたナッシュ・Bがアルバム内最多の全7曲を担当したかと思えば、他のプロデューサーやゲストのアーティストも豪華な顔ぶれがズラリと並ぶ。タイ・ダラー・サインやフューチャーのプロデュースでも知られるDJスピンズがナッシュ・Bと共作したアルバムタイトル曲である‘‘4275’’やヤング・サグがゲスト参加した‘‘Studio’’はいずれもタイト。更には今作からの先行シングル‘‘Inside’’ではジャクイースがデビュー前からリスペクトするトレイ・ソングスとの共演を果たし、‘‘All My Life’’という曲ではクリス・ブラウンとの新旧スターシンガーの揃い踏みが実現と、眩いばかりの楽曲が並ぶ。この今作の豪華さはCash Moneyの今後を引っ張るシンガーのデビューを祝う御祝儀といったところか?肝心のサウンドの方はというと、サウス系のトラックに寄りすぎる事なくジャクイースのボーカルがしっかりと立っていて聴きやすい。このあたりの抜け目なさも流石はCash Moneyの仕事。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ