ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Zaytoven / Trapholizay

Release Date / 24 May 2018

ここ数年、ヒップホップシーンを大いに引っ掻き回してきたサウス勢。アトランタを代表するMCのフィーチャーを始め、飛ぶ鳥を落とす勢いのグループ = ミーゴズにメトロ・ブーミンや21サヴェージと、ヒットチャートのどこを見渡してもサウス産のアーティストの名前を見ない日は無いくらいで、この勢いは一大ムーブメントと言っても過言ではないだろう。そんな中、サウス勢の真打ちとも呼べる男が遂にデビュー・アルバムをドロップ!いや、ゼイトーヴェンに関しては、これまでも数多のアーティストの作品にてクレジットが確認できたので、今作が自身名義のメジャーデビュー作という事実には驚かされた。
そんな彼の記念すべき1stアルバムのタイトルが「Trapholizay」。このタイトルからしてゼイトーヴェンのみなぎる自信が伝わってくるし、コアなリスナーならタイトルから内容も想像頂けるのでは?そう、2000年代に確立された・・・所謂、マニー・フレッシュやリル・ジョンなどのサウスラッパー独特の無機質なサウンドは〈トラップ〉と呼ばれる手法で、この〈トラップ〉をネクストレヴェルに引き上げたプロデューサーこそが、今作を手がけたゼイトーヴェンなのである。そして、今作「Trapholizay」はタイトルに〈トラップ〉を冠しているくらいだ。その内容はまさにサウス・オールスターズ!!
グッチメインをゲストに迎えた‘‘Intro’’から幕を開ける今作は、ベテランMCのリック・ロスのフロウが冴え渡る‘‘Go Get The Money’’や、T.I(サウスレジェンド!)にオフセット、コダック・ブラックによる渋めの‘‘Show It’’、更にはゼイトーヴェンの盟友でもあるフィーチャーが‘‘Boot Up’’、‘‘Mo Reala’’の2曲に参加と、どこを切り取ってもアトランタの熱風の様な〈トラップ〉の嵐。もちろん主役はゼイトーヴェンで、打ち込み主体の他のサウス系プロデューサーとは違い、手弾き主体で制作された彼のトラックは唯一無二のサウンド。このトラックがあるからこそ、アクの強いラッパーが何人参加しようともアルバム自体がまとまりを欠く事な無いだろう。個人的には今作「Trapholizay」は、サウス・ヒップホップの完成形の一つだと思う。
(DJ YU-1)

ASAP ROCKY / Testing

Release Date / May 25 2018

東海岸を代表するラッパーとして、はたまたファッション・アイコンとしての彼の活躍ぶりは今更説明するまでも無いだろう。ソロ作品としては今作が自身3枚目のスタジオアルバムという事になる。そう、「Testing」という問題作をドロップしたばかりエイサップ・ロッキーというMCは、ソロとしてもエイサップ・モブの中心人物としてもシーンに充分な爪痕を残してきた。当然、このエイサップ・ロッキーの持つラップのスキルに疑いの余地は無い。そして、このような実績を持つラッパーだからこそ?実現できた今作のサウンドの攻めっぷりはとてもスリリングなものに仕上がっており、彼の仕事の充実ぶりも伺える。
そんな今作「Testing」のサウンドプロダクションを敢えて一言で表すならば〈サンプリングの進化系〉とでも言おうか。うーん。何というか、これまでのサンプリング中心のヒップホップといえば、どこかオールド~ミドルスクールの匂いのするトラックをイメージする人も多いのでは?ところが今作はどうだろう?あくまで個人的な見解だが、今作のプロダクションはサンプリングに重点を置いているにも関わらず、サンプリングレスな新譜っぽさは感じないだろうか?例えば今作からの先行シングル‘‘A$AP Foever’’では、同曲にゲスト参加しているモービーの‘‘Porcelain’’をサンプリングし、アルバム収録の‘‘Hun43rd’’ではなんと故2パックが率いたサグライフの‘‘Cradle To The Grave’’を大胆に引用、さらにはローリン・ヒルのアンプラグド音源である‘‘I Gotta Find Peace Of Mind’’使いの‘‘Purity’’まで・・・こうして活字に起こすと今作のプロダクションは王道のネタ使いの様に感じるが、いざ実際の曲を聴いてみると全く新しい感触に包まれる。王道どころか、かなり実験的なサウンドなのだ。これは米Complex誌のインタビューでのロッキーの発言だが、エイサップ・モブの頭脳でもあるエイサップ・ヤムスを2015年に失ったロッキーが試行錯誤を重ねた結果に産まれたのが「Testing」の音であり、今作は敢えて実験的なサウンドで勝負した彼の趣旨のコメントが非常に興味深い。言うならば〈サンプリング〉という極めてシンプルな手法ひとつをとってもマーク・ロンソンやブルーノ・マーズに代表されるオーセンティックなアプローチとは真逆の解釈となるあたりが本当に面白いではないか。そして、この両極端な解釈の双方共にヒップホップの醍醐味が詰まっていると感じる。・・・まだ今作のセールスの情報までは入ってきてはいないが、先ずはエイサップ・ロッキーの攻めの姿勢にリスペクトを。
(DJ YU-1)

Chrisette Michele / Out of Control

Release Date / April 13 2018

2009年には、第51回グラミー賞にて最優秀オルタナティブ・パフォーマンス賞に輝いたR&Bシンガー = クリセット・ミッシェル。この実力派のシンガーが2016年にリリースした前作アルバム「Milestone」は、彼女がかつて所属していたモータウンを離れたのちに自ら立ち上げたインディレーベルであるRich Hipsterから発表した初のアルバムである。その「Milestone」は音作りにおけるメジャーレーベルからの制約より解放されただけあって、クリセット・ミッシェルというシンガーの本来の姿が顕著に表れるアルバムになっていたことは記憶に新しい。そんな前作から約2年越しで発表された今作「Out of Control」でも彼女らしいソウルの解釈が随所に見て取れる。その解釈とはもちろんヒップホップ・ソウルの流儀に乗っとったR&Bだ。そもそも自身のブレイクのきっかけがジェイ・Zの‘‘Lost One’’やNasの‘‘Can’t Forget About You’’へのゲスト参加というレジェンドMC達との共演だっただけあって、ビートが固めに構築されたトラックとハスキーな彼女のボーカルの相性も当然ながらバッチリ良い感じ。前作でのリードシングルである‘‘Steady’’では、その自身の作風を敢えてヒップホップ・ソウルではなくトラップ・ソウルと評したのはオリジネイターとしてのプライドだろうか?今作でも彼女が言うトラップ・ソウルの旨味が収録曲の至るところに散りばめられていて、‘‘No Chorus’’、‘‘Strong Black Wowan’’、‘‘Go Up’’といった、ヒップホップのフィルターを通したトラックが小気味良く続く。中でも‘‘She Won’’では本職のラッパー顔負けのライミング / フロウまで披露。そのビートへのアプローチは素晴らしいの一言である。
(DJ YU-1)

En Vogue / Electric Cafe

Release Date / Mar. 30 2018

ここ最近・・・特に直近の1年以内でもTLC、112、エクスケイプと90年代にブレイクしていたR&Bグループが立て続けにリバイバルアルバムを発表している格好のガールズグループ・シーン。再結成ブームが到来!とまでは言わないが、久々に名前を聞くグループの健在ぶりを確認する機会が増えてきたのもまた事実。そんな中、またまた久しぶりの新作をドロップしたガールズグループが、本稿の主役アン・ヴォーグである。彼女達は90年代には‘‘Hold On’’、‘‘Free Your Mind’’、‘‘Don’t Let Go(Love)’’などの大ヒットを飛ばし、アルバムのトータルセールスも2000万枚以上と、まさに時代を代表するガールズグループといっても差し支えないだろう。だが、ここ最近のリバイバルグループと同じく全盛期以降はメンバーの脱退と新加入を繰り返しつつも、徐々に露出が減っていくアン・ヴォーグは2004年の「Soul Flower」から14年もの間に渡りアルバム発表から遠ざかってしまう。そんな彼女達が今作「Electric Cafe」発表のプランを公表したのは約3年前の2015年の事である。それから2016年にはシングル‘‘Deja Vu’’、そして2018年に入るとニーヨが作詞を手がけた‘‘Rocket’’を発表するなど、にわかにアルバムリリースの気運が高まってきたアン・ヴォーグ。特に‘‘Rocket’’の方は約14年ぶりにアダルトR&BチャートでTOP10入りを果たすなど、グループの復活を世間に印象づける一曲になったのでは?それからいよいよドロップされた「Electric Cafe」である。タイトルにエレクトリックとあるように制作開始当初はEDM寄りのアルバムにする予定だったようだが、蓋を開けてみればEDMというよりもオーセンティックなR&Bのような印象を受けた。制作開始時からシーンの流行が変わった事も関係しているのかもしれないが、個人的にはEDM寄りでは無くこちらの方向性で正解だったと思う。いや、オーセンティックなR&Bどころかスヌープがラップで参加した‘‘Have A Seat’’に至っては70年代のディスコサウンド全開な曲に仕上がっているし、むしろ筆者としてはアルバム内ではこれが一番好きな曲だったりする。はい。‘‘Have A Seat’’はアナログ盤でシングルカット希望です(笑)
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ