ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Demi Lovato / Tell Me Love Me

Release Date / Sep. 29 2017

いくら洋楽に疎い人でもデミ・ロヴァートの事は、ディズニー映画『アナと雪の女王』のアメリカ版エンディングテーマを担当したシンガーと説明すればお判り頂けるだろうか?そんな彼女は本国アメリカで人気絶頂にあるテイラー・スウィフトとの熱いビーフでエンタメ業界を大いに騒つかせている。いや、業界内では‘‘テイラー・スウィフト軍団’’と揶揄される程の一大派閥を持つテイラーを相手にビーフを仕掛けたとあっては、いくらデミ・ロヴァートと言えども流石に分が悪く、昨年はデミ自身に批判が集まる一年だったように思う。そう、昨年までは・・・
今年に入ると反撃とばかりに自身を取り巻く環境や、ヘイター達を跳ね返すような強烈な一曲をリリースし、ジワジワとシングル・チャートを駆け上がっているのだからエンターテイメントは面白い。‘‘Sorry Not Sorry’’という反骨心丸出しのタイトルを付けられたシングルは、周囲の人から嫌われている人を勇気づけるアンセムという事だそうだが、自分自身を奮い立たせる意味も当然込められているのだろう。たしかに同曲のミュージックビデオではジェイミー・フォックスやウィズ・カリファ、パリス・ヒルトンらが参加し、話題になったことも売上の後押しになった事に間違いはない。それでも‘‘Sorry Not Sorry’’はビルボードHOT 100内で10週以上に渡りチャートに食い込むと一気に50位台からトップ10内へ上昇。同時期にテイラーの‘‘Look What You Made Me Do’’の方がバカ売れした事は皮肉な結果だが、昨年には活動休止まで考える程追い詰められたデミにとって今回のヒットは快心の出来事だったろう。更に立て続けにリリースしたシングル‘‘Tell Me Love Me’’では一転して繊細なリリックを聴かせたかと思えば同名タイトルとなるスタジオ・アルバム「Tell Me Love Me」を発表したデミ・ロヴァート。R&Bから強い影響を受けて制作されたというニューアルバムは女優としての一面を持つ彼女の表現力が随所に見てとれる。アルバムに収録された‘‘Cry Baby’’のようなバラードから‘‘Sexy Dirty Love’’のようなアッパーチューンまで歌いこなす姿からはデビュー当時のアイドルシンガーだった頃の面影は無く、一流の歌い手がドロップしたアルバムといった印象。最新のアルバムチャートでも初登場3位と、どうやら今年のデミは上り調子のようだ。今作は彼女の歌声を‘‘アナ雪’’でしか聴いた事の無いライト層が聴いても充分楽しめるのでは?
(DJ YU-1)

Miley Cyrus / Younger Now

Release Date / Sep. 29 2017

世間的にマイリー・サイラスというアーティストはどんなイメージだろうか?近年の活動でいえば刺激的なメイクと衣裳に加えてレディ・ガガばりの過激なステージ・パフォーマンスが物議を醸す。そんなゴシップ誌が大喜びしそうなキャラ立ちのお騒がせシンガーというイメージが一番強いかもしれない。ところが今年に入ると大きくイメージチェンジしているではないか!メイクも衣裳もナチュラルに様変わりし、カメラの前ではキュートにはにかむマイリーの姿に驚いたファンも多いのでは?
いやいや、ディズニーチャンネルの『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で大ブレイクを果たし、同局の最高視聴率を叩き出した名子役‘‘ハンナ・モンタナ’’の完成形としては今作「Younger Now」をリリースしたマイリー・サイラスが一番しっくりくる。それどころかディズニーチャンネル卒業以降のアバンギャルドなマイリーの姿は少し無理をしていたのではないかと、いらぬ心配をしてしまうほどだ。そんな大胆な変身?を果たしてリリースされた今作「Younger Now」は自身のソニー移籍からの第2作目という事になるが、今年の上半期にリリースしたリードシングルの‘‘Malibu’’で新しい彼女の方向性を明確に示してきた。恋人であるオーストリア人俳優のリアム・ヘムズワースへの想いをリリックに乗せたという‘‘Malibu’’はラブソングに相応しいミディアムテンポが心地よく、同曲のジャケットでは何か憑き物でも取れたかのような穏やかな笑みを見せるマイリーが微笑ましい。と、思っていたらジャケットの撮影を担当したカメラマンは、なんと彼氏のリアムだそうで(笑)ここまで堂々とイチャつかれると逆に清々しいくらいだが、シングルチャートでもちゃっかり最高10位につけて公私共に順調な滑り出し。続いてドロップしたシングルは日頃から支持を表明しているヒラリー・クリントンからの影響を曲に込めた‘‘Inspired’’。こちらではカントリー調のバラードで大人びた歌声を聴かせるマイリーに感心しきり。なんだか前作からのギャップが凄い事になっているが、ここまで大胆にスタイルチェンジしたアーティストは今までいただろうか?もはや別人の域で様変わりしたマイリー・サイラスだが、奇抜なスタイルを辞めた理由は「マリファナをやめたから」だそうだ・・・この発言のどこまでが本音かは定かでは無いが、大人達を振り回す小悪魔的な要素だけはデビュー当初のハンナ・モンタナ時代から一貫していたりして。だって、こんな破茶滅茶な彼女のパブリックイメージ無しで今作を聴くとポップスの王道を行く素晴らしいアルバムになっているんだから、女性の本質ってのは本当に奥が深くて難しい(笑)
(DJ YU-1)

DJ Kay Slay / The Big Brother

Release Date / Sep 22 2017

アメリカの音楽シーン、いや特にヒップホップでは顕著なのだと思うが、アーティストのプロモーションにおけるラジオ局の果たす役割が日本のソレとは大いに異なることを御存知だろうか?もちろん日本でもラジオは重要なメディアであり、主要なラジオ局には新曲のプロモーションに励むアーティスト達が毎日のように出入りする。だが日本の音楽史を振り返るとラジオ発信よりもテレビの歌番組や、CMのタイアップ曲から弾けたヒット曲の方がリスナーの印象に残っているのは間違いない。だが、それこそが日米の音楽シーンの根本的な違いではないか?そう、例えばニューヨークのHOT 97のようなラジオ局が次々と時代をリードしていき、一介のラジオDJがテレビ業界でいう大物司会者のようなプロップスを得るなんて日本からは想像出来ない事象だ。という訳で本題に入るが2000年代に正にラジオ局HOT 97から数々のヒットを飛ばした名物DJであるケイスレイのスタジオ・アルバムがとんでもないことになっている。これまでもコンスタントにMIX TAPEはリリースしてきたDJケイスレイだが、スタジオ・アルバムとなると約7年振り。この久しぶりの作品は全22曲で、なんと参加したゲストアーティストは60名以上!名前を見るのも懐かしいような面子もチラホラといるが、ここまでのアーティストを一枚のアルバムに集められるDJはケイスレイかキッドカプリくらいのものだろう。まったくどこから切り取るか悩むくらいのボリュームだが、アウトロウズ参加の‘‘Intro’’からノンストップで雪崩れこむ22曲は圧巻の一言。重厚感のある‘‘Jealousy’’での曲の入り方のカッコ良さも耳に残るし、‘‘Hip Hop Icon’’ではアイス・キューブにクール・G・ラップという東西の両雄が並び立ち、‘‘A Million Bucks’’では本当に久しぶりにファットマンスクープの煽りが聴けるだけでなく、リードシングルの‘‘Cold Summer’’では勢いのあるケンドリック・ラマーが参加とゲストの新旧のバランスの良さもアルバムの構成も絶妙だ。HOT 97を通じてシーンを支えてきたケイスレイだからこそ実現した豪華さからアメリカでのラジオ局の重要さが垣間見れるのもポイントが高い。ただ、今作はトラックのセンスや扱うトピックス等が2000年代初頭から停滞しているような気もする・・・その古さがまた面白くもあるが、好き嫌いは分かれるところか?
(DJ YU-1)

Wyclef Jean / Carnival III

Release Date / Sep. 15 2017

「元フージーズ」なんて枕詞を付けずとも名実共にトップ・プロデューサーであるワイクリフ・ジョンが久しぶりにスタジオ・アルバムをリリースした。なんといっても自身名義としては8年振りの新作だ。この間にも2012年には自著『Purpose: An Immigrant’s Story』の中で当時のフージーズの解散理由としてローリン・ヒルとの不倫関係を暴露(個人的にはかなりショッキングな内容だった)、更には2014年にはアヴィーチーと共に制作し、サッカーW杯の公式ソングとなる‘‘Dar um Jeito(We Will Find A Way)’’の発表があったものの、最近の活動としてはそれくらいのもので、殆どの時間を今作の準備の為に表舞台から姿を消していたワイクリフ。そしてソロ・アルバム「The Carnival」第一弾の発表から約20年の時を経た2017年、遂に「Carnival III : The Fall And Rise Of A Refugee」へと漕ぎ着けた訳だ。これまでの彼の‘‘Carnival’’シリーズはヒップホップ、レゲエに加えて自身の出自でもあるカリブ音楽も交えたダンサブルなチューンが中心だったが、今作でも予想通りこれを踏襲。8年振りでも相変わらずのワイクリフ節はもはや様式美といったところか。スーパー・マリオ(任天堂的に名前の権利は大丈夫か!?)が手掛けた今作からの先行シングル‘‘Fela Kuti’’ではアフロ・ビートを巧みに取り入れたBPM早めの南国ビートを披露し、この‘‘Fela Kuti’’と同時リリースの‘‘What Happned To Love’’でもBPMがやや早めの80’sディスコ・チューンになっていたりと、これまでのワイクリフの曲と比べるとやや跳ねたビートが目立つのが今作の特徴か?他に特筆すべきポイントとしてはワイクリフが現在所属しているレーベルのHeads Musicの若手アーティストのゲスト参加がやけに目立ったことが印象的だ。しかし、インディレーベルのホープをフックアップしつつも自分のシットの色はしっかりと出すあたりは流石はベテランの矜持。さしずめカリブ海のDr.Dreとでも呼びたくなるくらい素晴らしいアルバムだと思うが、一つ注文をつけるなら今作「Carnival III : The Fall And Rise Of A Refugee」は真夏にリリースして欲しかった。まぁ、今年の夏は今作に似つかわしく無い冷夏だったけどね(笑)
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ