ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Jeff Bernat / In The Meantime

Release Date / July 6 2016
イン・ザ・ミーンタイム
黒人よりもブラックミュージックしているアジア人のR&Bシンガーを御存知だろうか?まるでありがちなCDショップのポップの様な煽り文句だが、彼の経歴やこれまで発表してきた楽曲達、そして今作「In The Meantime」を聴けば決して大袈裟な表現では無い事が理解出来るだろう。その男の名はジェフ・バーナット。彼のルーツはネバダ州出身のフィリピン系アメリカ人である。このジェフがなんのコネも持たず、オーディションを受けることも無くデビューを果たし、シンガーとしての地位を築いた事実はSNS / YouTube世代特有の行動力の賜物と言えるだろう。2009年あたりからYouTube上でスティービー・ワンダーやドレイクのカバーを公開していたジェフ・バーナットはネット界隈で少しずつ注目を集め、2011年には自主制作のオリジナルアルバム「The Gentleman Approach」をリリース。YouTubeで作品をアップしているアーティストが自主制作の作品をリリースする流れは日本でも珍しくはないが、ジェフの「The Gentleman Approach」の様にitunesのR&Bチャートで最高5位に付けてしまうような番狂わせは中々無いだろう。ジェフ自身はこのセンセーショナルなデビューをインターネットのパワーだと評したが、当然の如く作品自体の魅力が無ければ生み出されないヒットであることは間違いない。本稿の冒頭でジェフ・バーナットを‘‘黒人よりブラックミュージックしているアジア人’’と表現したが、彼の音楽は正にオーセンティックなR&Bである。例えばブラックストリートやKC & ジョジョが活躍していた時代のアーティストに感性が近いように感じるのだ。
そんなジェフが新たに作り上げた今作「In The Meantime」では、更にオーセンティックさに磨きがかかっている。アルバム全体を通してBPM遅めのメロウな曲に片寄りがちなところは気になったが、今作のどこを切り取っても純R&B。先入観無く聴いていたら彼の肌の色が何色かなんて気にならなくなるくらいだ。実際のところジェフが人種の壁を乗り越えて、これからのR&Bシーンでどれだけの地位を確立出来るかは未知数だが、もっとアップテンポな曲や、トップクラスのラッパーとの絡み等も聴いてみたくなった。甘い歌声にトレードマークの蝶ネクタイと、すでにキャラは充分立っている。これから何処まで上がっていくのか楽しみなシンガーである。
(DJ YU-1)

Toby Love / Bachata Nation

Release Date / June 24 2016
Bachata Nation
ニューヨーク育ちだが、自身のルーツはプエルトリコ。移民が多いニューヨークでは特段珍しく無い出自だ。そんな街で育ったからこそ音楽シーンにおける新たなムーブメントの第一人者になり得たのだろうか?文字通りの個性派シンガーであるトビー・ラヴが発表した約3年振りとなるニューアルバムのタイトルが「Bachata Nation」というのだが、バチャータをベースとするトビー・ラヴならではの直球のアルバムタイトルである。余談だが、彼のソロデビューアルバムの邦題も直球であり、その名も「恋のバチャータ」(笑)そもそもバチャータとはドミニカ共和国の大衆音楽のことである。日本にも独自の民謡や大衆音楽があるが、それらのドミニカ版と言えば伝わり易いだろう。そんなバチャータを土台とし、ソウルやR&B、ポップスのエッセンスを加え、アメリカでブレイクしたラテンバンドがアベントゥーラであり、同バンドのボーカリストとして世に出たのがトビー・ラヴである。このアベントゥーラの音楽は同時期に全米で一大ムーブメントを起こしていたレゲトンと並んでラテン音楽の地位を一気にメインストリームに押し上げた。今作「Bachata Nation」はそんなUSメイドの逆輸入バチャータ?の最新作という訳だ。
当然だが、今作もラテンノリ全開である。収録曲である‘‘El Aire Que Respiro’’や‘‘Vestida de Blanco’’のようにタイトルからして曲調が想像出来る曲が目立つが、まさに想像通りの曲で小細工なんかは一切無し。軽快なバチャータのリズムは夏のシーズンには特にハマりそうである。そんな中でも実力派のラッパーであるフレンチ・モンタナをフィーチャーした‘‘We Never Looking Back’’やスティービー・ワンダーのクラシックを大胆にカバーした‘‘I Just Called To Say I Love You’’等、バチャータの枠を飛び出したジャンルレスな楽曲も素晴らしい出来であり気が抜けない。アメリカ産まれのプエルトリカンにしか作れない無二の個性と言えるだろう。クソ暑いビーチで聴いたら今作の魅力は倍増と見た。
(DJ YU-1)

DJ Snake / Sneak Presents Magnetic Cuts V.6

Release Date / July 1 2016
Ultra Music Festival Japan 2014
ULTRA JAPANの大盛況により日本でもすっかり市民権を得たEDM。年々熱気を帯びていき、今やサマーソニックやフジロックといった定番の夏フェスすら食いかねない勢いを見せているだけに、今年のULTRA JAPANの出演アーティストに注目しているリスナーも多いのでは?つい先日ULTRA JAPAN 2016のラインナップが発表されたが、本稿では昨年に引き続き2年連続で来日が決定したDJスネークに焦点を当てたい。フランス出身でトロントに拠点を置くDJスネークはEDM系のアーティストにしては珍しくHIP HOPをバックボーンとするDJである。なんでもサイプレス・ヒルとKRS-ワンに影響を受けてDJを開始したとか。この両者の影響を受けているにも関わらずEDMに辿り着くセンスは筆者には理解出来ないが、世の中の流行はバッチリと掴んだのかヒット曲に恵まれる。これまで幾度もプラチナヒットを飛ばし、世界のセレブDJの中でもトップクラスのセールスを誇る実力派だ。そんなスネークが昨年から全6部作としてスタートさせたコンピレーションが「DJ Sneak Presents Magnetic Cuts」。昨日リリースされた今作こそがコンピレーション最終章となる「DJ Sneak Presents Magnetic Cuts Vol.6」である。
筆者はこのコンピレーションの6部作全てを聴いたわけでは無いが、ありがちなEDMの寄せ集めとは一線を画すことは、このVol.6を聴いてすぐに理解出来た。HIP HOPをバックボーンに持つだけあって今作収録の‘‘Fix My Sink’’が持つファンクネスっぷりや、上ネタのアコースティック感が尾を引く‘‘Summer Song’’等、スネーク流EDMに昇華したトラック群はどれもダンスミュージックとして洗練されている。今までEDMを‘‘聞かず嫌い’’して来た自分が少し恥ずかしいくらいだ(笑)しかしながら今作の影響からULTRA JAPANでのスネークのターンテーブル捌きに俄然興味が湧いてきた事は言うまでも無い。それにしてもトップDJのノンストップMIXのライブ感を毎年日本でも味わえるなんて贅沢な時代になったもんだ。

(DJ YU-1)

Yuna / Chapters

Release Date / May 5 2016
チャプターズ
マレーシア出身のシンガーソングライター、ユナの3枚目となるスタジオアルバム「Chapters」。彼女はマレーシア出身とはいっても制作拠点はL.Aに構え、更にはあのファレル・ウィリアムスが2012年にプロデュースした‘‘Live Your Life’’が本国マレーシアのチャートだけでは無く全米チャートでも注目を浴びる等、ワールドワイドな活動が目立つシンガーだ。またYouTubeを始めとした動画サイトへの楽曲のアップが世界デビューのきっかけとなったあたりは次世代のアーティストのロールモデルとしても貴重なキャリアを歩んでいると言える。そう、14歳で作曲活動を開始したマレーシアの少女が、29歳となる15年後にはアメリカでアッシャーとデュエットをしているなんて誰が想像出来ただろうか?確かに無料動画サイトの存在は著作権の観点から否定的な見方もあるが、ユナのようなサクセスストーリーの土壌になっているのもまた事実。今作でも素晴らしい楽曲達に巡り会えた。
まず、今作のリードシングルからして快調に飛ばしている。あの元ギャングスターのDJプレミアがプロデュースした‘‘Places To Go’’なのだが、なんと全盛期ギャングスターのトラックそのものなのである。もちろんラッパーに提供するトラックとしては秀逸だが、プリモが同曲をシンガーが歌うことを想定して作ったかどうかは正直怪しいと思う(笑)しかしながら、このバリバリのHIP HOPビートを違和感無く乗りこなすユナのアプローチには驚かされた。何故か自分の中ではエリカ・バドゥとユナが重なって聴こえたがクセになる楽曲である事は間違いない。このリードシングルである‘‘Places To Go’’は確かにストリート感が全面に出ているが、彼女本来の浮遊感のある歌声にマッチしたメロウな曲こそが今作のハイライトと言えるだろう。先に述べたアッシャーとのデュエット曲‘‘Crush’’や、ジュネイ・アイコをゲストに迎えた‘‘Used To Love You’’を筆頭に耳触りの良い楽曲が目白押しなのだ。
うん、ユナがマレーシア出身だから今作がグローバルな作品だとか、そんな野暮なことは関係無いんだ。ただ純粋に一人のR&Bシンガーとして光っているのだから、聴き手も純粋に楽しみたい。そう思わせてくれる一枚。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ