ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

En Vogue / Electric Cafe

Release Date / Mar. 30 2018

ここ最近・・・特に直近の1年以内でもTLC、112、エクスケイプと90年代にブレイクしていたR&Bグループが立て続けにリバイバルアルバムを発表している格好のガールズグループ・シーン。再結成ブームが到来!とまでは言わないが、久々に名前を聞くグループの健在ぶりを確認する機会が増えてきたのもまた事実。そんな中、またまた久しぶりの新作をドロップしたガールズグループが、本稿の主役アン・ヴォーグである。彼女達は90年代には‘‘Hold On’’、‘‘Free Your Mind’’、‘‘Don’t Let Go(Love)’’などの大ヒットを飛ばし、アルバムのトータルセールスも2000万枚以上と、まさに時代を代表するガールズグループといっても差し支えないだろう。だが、ここ最近のリバイバルグループと同じく全盛期以降はメンバーの脱退と新加入を繰り返しつつも、徐々に露出が減っていくアン・ヴォーグは2004年の「Soul Flower」から14年もの間に渡りアルバム発表から遠ざかってしまう。そんな彼女達が今作「Electric Cafe」発表のプランを公表したのは約3年前の2015年の事である。それから2016年にはシングル‘‘Deja Vu’’、そして2018年に入るとニーヨが作詞を手がけた‘‘Rocket’’を発表するなど、にわかにアルバムリリースの気運が高まってきたアン・ヴォーグ。特に‘‘Rocket’’の方は約14年ぶりにアダルトR&BチャートでTOP10入りを果たすなど、グループの復活を世間に印象づける一曲になったのでは?それからいよいよドロップされた「Electric Cafe」である。タイトルにエレクトリックとあるように制作開始当初はEDM寄りのアルバムにする予定だったようだが、蓋を開けてみればEDMというよりもオーセンティックなR&Bのような印象を受けた。制作開始時からシーンの流行が変わった事も関係しているのかもしれないが、個人的にはEDM寄りでは無くこちらの方向性で正解だったと思う。いや、オーセンティックなR&Bどころかスヌープがラップで参加した‘‘Have A Seat’’に至っては70年代のディスコサウンド全開な曲に仕上がっているし、むしろ筆者としてはアルバム内ではこれが一番好きな曲だったりする。はい。‘‘Have A Seat’’はアナログ盤でシングルカット希望です(笑)
(DJ YU-1)

Toni Braxton / Sex & Cigarettes

Release Date / Mar. 23 2018

トニ・ブラクストン名義としては、およそ8年ぶりとなる作品にも関わらず、彼女からはそこまでのブランクを感じないのは、2014年に発表したベイビーフェイスとの共同アルバム「Love, Marriage & Divorce」の大ヒットがあるからに他ならない。だが90年代に一世を風靡したトニ・ブラクストンも長らく表舞台から遠ざかっており、「Love, Marriage & Divorce」までの道のりも決して平坦なものではなかった。様々な難病を抱え、更には2度にもわたって破産を経験するなど文字通り波瀾万丈なキャリアを歩み、一時は引退まで仄めかしていたトニ・ブラクストン。そんな彼女を救ったのは先述の通りベイビーフェイスだ。自身のデビューからブレイクに至るまでをプロデュースし続けてきたベイビーフェイスが用意したデュエットアルバム「Love, Marriage & Divorce」はトニ・ブラクストンというシンガーを再びシーンに引っ張りだしただけでなく、2015年の第57回グラミー賞において最優秀R&Bアルバムという栄冠までもたらした。翌年、これに乗じてベイビーフェイスが自身のアルバムとしては10年ぶりとなる「Return Of The Tender Lover」を発表したとなれば、次はトニ・ブラクストンのソロ作品も聴きたくなるでしょう?という事で2018年3月23日に今作「Sex & Cigarettes」が発表されたわけだ。まずは昨年にリリースされた今作からの先行シングル‘‘Deadwood’’はフレッド・ボールをプロデューサーに迎えた大人のバラード。アルバムのジャケットを見ても分かると思うが50歳を迎えたとは思えない色気を纏うトニにピッタリの1曲だ。もちろん盟友のベイビーフェイスも今作に参加しており、こちらは‘‘FOH’’と‘‘My Heart’’をプロデュース。またタイトル曲の‘‘Sex & Cigarettes’’はトニ・ブラクストンともベイビーフェイスとも関わりの深いアントニオ・ディクソンが担当で、同曲での彼女の歌声はとても引退を考えていたシンガーのものとは思えない力強さだ。今作は他の収録曲と合わせても全8曲と、アルバムと呼ぶにはややタイトなトラックリストだが、トニ・ブラクストン名義の新曲が聴けただけでも意義のある一枚か。引退しなくて本当に良かった。
(DJ YU-1)

Rich Homie Quan / Rich As In Spirit

Release Date / Mar. 16 2018

ここのところのヒップホップ・シーンは南部勢から非常に濃いアルバムやミックステープが数多くドロップされており、筆者としてもサウス熱が高まっている中、またしてもアトランタから濃い目のアルバムが落とされた。そんな彼のメジャーデビューは2013年の事なので、キャリアもそろそろ若手から中堅へと移行する頃だが、日本での知名度はイマイチ?なような気がする。いやいや、あのYGの2014年のヒット曲‘‘My Nigga’’にフィーチャーされていたイキの良いラッパーがいたでしょう?そのイキの良いラッパーこそが本稿の主役であり、つい先日にニューアルバム「Rich As In Spirit」を発表したリッチ・ホーミー・クワンである。これまでも‘‘Type Of Way’’や先ほど述べた‘‘My Nigga’’などのヒット曲にも恵まれているリッチ・ホーミー・クワンだが、これまではどちらかと言えばドレイクやリル・ウェイン、バードマンといった大物の影に隠れている印象も強かった。盟友であるYGやジーズィーに比べるとクワンの名前は日本ではあまり聞かない事なんかも、その辺が一因しているかもしれない。ところが今回ドロップされた「Rich As In Spirit」はどうだろうか?一聴してサウス産だと分かる旬のトラックに他のラッパーとは一線を画すメロディアスなフロウは既に完成度が高い。今作からの先行して発表されたシングル‘‘Changed’’や‘‘34’’あたりは特に顕著で、クワンのフロウはサウス系のラップが苦手な人にも聴きやすいとさえ思う。ただ、セールス的にはもう少し毒っ気があった方がウケが良いことも事実。例えば同じアトランタ出身のラッパユニットであるミーゴズなんかは音楽の完成度としてはクワンよりも劣っているように見えるにも関わらずセールス的には大成功を収めている。このあたりの最近のサウス勢のヒットの中にこそリッチ・ホーミー・クワンが更に弾けるヒントがあるように思えるのだが、難しいところだ。筆者としては今作「Rich As In Spirit」のバランス感覚の方がチャート上位にいるアルバム達より好きだったりするので、評価するのが悩ましい(笑)
(DJ YU-1)

Meshell Ndegeocello / Ventriloquism

Release Date / Mar. 16 2018

元々〔Ventriloquism: A Night of Covers〕と題したカバー曲のみを披露するライブを行っているミシェル・ンデゲオチェロなのだから彼女のニューシットがカバー・アルバムになる事はそんなに驚く事では無かった。ただ、彼女のアーティストとしての引き出しの多さには非常に驚かされてしまったが。そんなカバー・アルバムのタイトルは自身のカバー・ライブから引用した「Ventriloquism」。ミシェル・ンデゲオチェロ名義のアルバムとしては前作「Comet, Come To Me」から約4年ぶりとなる一枚だ。今作はカバー・アルバムなのだから、当然過去の名曲達をミシェル流の解釈でアレンジしたものなのだが、まるで新作のオリジナル・アルバムを聴いているのかと錯覚するほど作品になっている。流石にどの曲もメロディラインを聴けばカバー曲だと分かるが、イントロを何小節か聴いたくらいではとても原曲が何か分からない。このアレンジっぷりはもはやリミックス・アルバムとして聴いても楽しめる領域だ(笑)そんなミシェル流の解釈で料理された曲達はというと、プリンスの‘‘Sometimes It Snows In April’’、TLCの‘‘Waterfalls’’、ジャネット・ジャクソンの‘‘Funny How Time Flies (When You’re Having Fun)’’、シャーデーの‘‘Smooth Operator’’、フォース・MDズの‘‘Tender Love’’など、名曲揃いの全11曲。中でも個人的に度肝を抜かれたのが、ジョージ・クリントンの‘‘Atomic Dog’’だ。この曲はサビがなかなか始まらない為に本当に曲の後半まで何のカバーか分からなかった!‘‘Atomic Dog’’は割と原曲もクレイジーなのだが、ミシェル・ンデゲオチェロの手により全く別のベクトルでクレイジーな曲に生まれ変わっているので、是非オリジナルと聴き比べてもらいたい。
まぁ、どちらかというと玄人向けな趣きのある今作「Ventriloquism」だが、これはジャズ、ソウル、ファンク、ダブなど、あらゆるジャンルに精通しながらもオリジナリティを確立したミシェル・ンデゲオチェロというアーティストが文字通り自分勝手にレコーディング出来たからこそ産まれた一枚なのでは?今作のプレスリリースや本人のインタビューを読めば分かると思うが、彼女の過去のオリジナルソングよりも今回のカバーを聴いた方がミシェルの才能を楽しめるとさえ思える。カバー・アルバムとしては稀有な例だが、作品としては大変面白い。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ