ソウルピーナッツ

おすすめCD 最新リリース情報more

Izzy Bizu / A Moment Of Madness

Release Date / Sep. 2 2016
A MOMENT OF MADNESS
どの分野においても無名の存在の者が瞬く間に世に出て来た場合〈彗星の如く現れた〉なんて形容詞が使われることが多いが、まさに文字通り彗星の如く現れた次世代のシンガーではなかろうか?もし彼女の存在を一年以上前から注目していた人間がいたら、その先見の明を非常に羨ましく思う。その彼女の名はイジー・ビズ。そろそろプロ野球界では2016年の新人王レースが白熱してきているが、音楽界・・・とりわけUKシーンでの新人王最有力候補は、このイジー・ビズで間違いないだろう。そう、UKで期待の新人アーティストに贈られる賞のBBC Sound Of 2016にノミネートされた彼女にとって今年は飛躍の一年となった。世間的にはノーマークだったデビュー前からもサム・スミスやフォクシーズのサポート・アクトに抜擢されるなど、並々ならぬ期待を集めていたイジー・ビズは昨年2015年にシングル‘‘White Tiger’’を発表。するとyoutubeで同曲の公式ビデオが400万再生を突破し、コールドプレイのクリス・マーティンを始めとする同業者からも絶賛されるなど、無名の新人としては破格の話題を集めた。そして2016年、満を持してデビューアルバムとなる「A Moment Of Madness」を発表するとグラストンベリー・フェスティバルを始めとした複数のビッグフェスに参加し、UKでの評価はうなぎ登りだそうで。個人的にも今作のソウルにポップスを絡めたような新鮮な魅力には存分に引き込まれた。実質のリードシングルとなった‘‘White Tiger’’以外にも今アルバムの中では‘‘Adam & Eve’’や‘‘Lost paradise’’など新人らしからぬ、堂に入った表現を魅せる曲が特に気になった。好事家の間ではこの彼女の豊かな表現力を〈ソウル界のノラ・ジョーンズ〉なんて評する向きもあるくらいだ。もっとも筆者としては彼女からはノラよりもフージーズのボーカルとして世に出たての頃のローリン・ヒルの面影を見た思いではあるが。エキゾチックなビジュアルや声質等、イジーは若い頃のローリンに似ているような気がするんだよなぁ。然し嬉しい事にこのイジー・ビズも来日公演が決定しているので、生で見るチャンスがあったら直接確かめてみたいものだ。
(DJ YU-1)

De La Soul / and the Anonymous Nobody…

Release Date / Aug. 26 2016
AND THE ANONYMOUS NOBO
90年代初頭のニューヨークを代表するヒップホップ・ユニットであり、とりわけニュースクールだとかネイティヴ・タンと呼ばれるスタイルの草分け的存在であろう。そのデ・ラ・ソウルが2004年以来、10年以上もオリジナルアルバムを発表していないという事実。メンバー個別の活動はあるものの、その活躍の場はインディへと追いやられた現実。・・・追いやられた?否、自ら進んでインディペンデントのアーティストであり続けたのだ。そう、良く言えば職人気質で自分達の世界観を崩さない。悪く言えば商売下手で不器用。デラに限らずあの時代のヒップホップアーティストには往々にして当てはまる特徴だ。もはやデラの面々からは作品をヒットさせることよりも自分が納得できる曲が作れれば良いという開き直りすら感じる。こんな調子だからスポンサーもつかないし、資金不足でアルバムが出せないのも自業自得だが、それでも彼らの新作が聞きたいというコアなファンも存在するのだ。だったらその物好きなファンから制作資金をカンパしちゃえば良い!と思いついたのが昨年の事。もう無茶苦茶な発想だが何と集まった資金は60万ドル(笑)日本円にして7000万円超えとはデ・ラ・ソウルというアーティストの底力を見た思いだが、自ら資金調達をしたのだから制作に口を出す外野も当然いない。自由にやりたい放題の環境を手に入れたのだ。そんな環境で作った中身は予想通りだがサンプリング一辺倒。著作権のクリアが面倒だからって身内のアーティストに生演奏させて、その音を敢えてサンプリングしてまで「and the Anonymous Nobody…」のトラックは作られたそうで・・・まさかサンプラー以外の機材の使い方を知らないとか?なんて要らぬ心配までしてしまったが、慣れ親しんだ手法で作られた曲達が文句なしでカッコ良いんだから万事OK。復活の祝福と言わんばかりに参加した豪華なゲスト陣もデ・ラ・ソウルの世界観に引き込む事に成功している。90年代にはデラとは水と油くらいにスタイルの違いがあったスヌープ・ドッグですら例外では無いくらいだ。そんな彼等だが嬉しい事に来日ライブが決定している。新曲も勿論楽しみだが、かつてのヒット曲からも聴きたい曲が山ほどあるのが悩ましい(汗)
(DJ YU-1)

Britney Spears / Glory

Release Date / Aug. 26 2016
グローリー
なんと今作はデビューから18年目、オリジナルアルバムとしては通算9枚目の作品となる。時が経つのが早いのか筆者自身が歳をとっただけなのかは分からないが、ブリトニー・スピアーズのキャリアがそんなに重ねられている事に思わず驚いてしまった。そう感じさせられてしまうのは、小悪魔的なビジュアルでファンを魅了していたキャリア序盤の頃の面影を今も残しているから?いやいや、今やブリトニーも2児の母であり、34歳になる大人の女性だ。若者のポップアイコンであった頃の香りは残しつつも非常に大人びた音楽を聴かせてくれるシンガーにステップアップしたという事だろう。栄光を意味する今作「Glory」は、ブリトニー・スピアーズというアーティストのこれまでのイメージを踏襲しつつも一段と深みを増した彼女の大人の表現力が楽しめる。
そんな今作からのリードシングル‘‘Make Me’’は世界51ヶ国ものiTunesシングルチャートにおいて1位を獲得といった驚異的な成功を納めたが、まさに「Glory」という作品を象徴するような大人のブリトニーの魅力が詰まった一曲。この‘‘Make Me’’では、今一番センセーショナルなラッパーであろうG・イージーをゲストに迎えているあたりもポイントが高い。また同曲以外にも〈大人の為のポップミュージック〉と呼びたくなるような曲が目白押しの今作だが、日本でもデジタル盤が先行配信されるとiTunesのポップアルバムランキングで1位、総合アルバムランキングでも2位につけるなど、滑り出しは順調。これから世界規模でセールスを伸ばしていく事は想像に難くないが、それが何処まで突き抜けるか非常に楽しみである。昨年の下半期はアデル旋風が巻き起こった音楽シーンだが、同様にこの「Glory」が今年の下半期の目玉である事は間違いない。ブリトニー曰く今作は自身の最高傑作だというが、世界の評価や如何に?
(DJ YU-1)

Angie Stone / Covered In Soul

Release Date / Aug. 5 2016
Covered in Soul
珠玉のクラシック達をアンジー・ストーン流儀で料理した素晴らしい一枚。タイトルからして小細工ナシのソウルフルなカバーアルバムとなっている。なんたって「Covered In Soul」とは清々しいくらいのド直球なタイトルだ。ここ日本でもカバーアルバムというジャンルは流行り廃りの無い優良なコンテンツとして様々なアーティストが取り組んできたが、良質なボーカルで名曲達のリメイクが聴きたいのは万国共通というところか。今作ではアンジー・ストーンのベテランならではの深みのあるボーカルにより多様な年代の名曲達が蘇っている。リードシングルとして発表したスティービー・ワンダーの名作‘‘I Believe’’を筆頭にアンジー自身のヒット曲である‘‘With I Didn’t Miss You’’のセルフカバーや、キャロルキングの‘‘It’s Too Late’’、‘‘O-o-h Child’’などベストヒットUSAよろしく怒涛の選曲を披露。なんでも今作のチョイスはアンジーのキャリアに影響を与えた楽曲達が中心だそうだ。いずれも納得の選曲であるが、ただ影響を受けただけでなく、どの曲もアンジー・ストーンというシンガーの持ち歌と呼べる域にまで昇華しているのは流石の一言。安易なカバーアルバムは蹴散らしてしまう程の存在感である。そんなカバーの中でも個人的にはボブ・マーリーの‘‘Is This Love’’が深く刺さった。同曲はレゲエシーンにおけるクラシック中のクラシックだが、見事なまでにR&B/ソウルにスイッチされているのだ。是非12インチのヴァイナルでシングルカットして欲しいくらい(笑)これ以外にも世界中で親しまれている名曲揃いなだけあって、この「Covered In Soul」でワールドツアーを回ってみても面白いかもしれない。その際は贅沢な話だが、100人程度の規模の小箱で楽しみたいなぁ・・・なんてね。
(DJ YU-1)


Soulpnuts Productions とは??

What's going on

our_djs

トラックステージ