ソウルピーナッツ

New Releases

Zedd / True Colors

15年06月03日

Release Date / May 15 2015
True Colors
ロシア産まれドイツ育ちの25歳。まだ若手と言える年齢ながらプロデューサーとしてヨーロッパのクラブシーンのみならず世界的知名度を誇るZedd。前作「clarity」のヒット以降も様々なアーティストの楽曲を手掛け、第56回グラミー賞では最優秀ダンスレコーディング賞を受賞。日本のファンにとってはレディガガの来日公演の際にオープニングアクトを務めた事も記憶に新しい。そんな順調なキャリアを歩む彼のニューアルバム「True Colors」だが、EDMとPOPS感のバランスが絶妙なサウンドで再びクラブシーンを賑わせてくれそうである。

まず今作からのシングル‘‘I Wont You Know’’はセレーナ・ゴメスをゲストに迎えた大ヒットナンバー。キャッチーなメロディが印象的な曲で日本のクラブでも聴かない日は無いくらいの勢いを感じる。尚、日本盤ではボーナストラックとして‘‘I Wont You Know’’リミックスが二曲も収録されているのが嬉しいサプライズ。また、X・アンバサダーズと新進気鋭のラッパーLogicをフィーチャーした‘‘Transmission’’はLogicのラッパーとしての新たな一面を垣間見る事が出来る面白い一曲。(EDMサウンドに乗せるLogicの早口フロウは必聴!)他にもバハリやジョン・ベリオン、トロイ・シヴァンにエコスミスと個性豊かなゲスト達が参加しているが、どの曲もエレクトロなサウンドと聴きやすいメロディラインの歌との相性が抜群に良い。これは音楽一家で育ち、幼少期からピアノを弾いていたZedd自身のバックボーンが多大に影響しているだろう。EDMに限らずダンスミュージックのプロデューサーは楽器が弾けなくてもDJとしてのアプローチからグルーヴ感のあるトラックを作る事が出来るが、Zeddの曲からはトラックメイカーとしても勿論の事、作曲家としても一流のメロディーメイカーである事が伺える。25歳とまだ若くしてここまで洗練されたアルバムをリリースするとは恐れ入る・・・これからのキャリアがますます楽しみになるアーティストの一人だ。
(DJ YU-1)
 

What's going on

our_djs

トラックステージ