ソウルピーナッツ

New Releases

Raekwon / Fly International Luxurious Art

15年05月11日

Release Date / April 28th 2015
Fly. International.Luxurious. Art. [輸入盤CD] (6036523020)_113
90’s HIP HOPの生ける伝説、ウータン・クランからバリバリの一軍MCである‘‘ライム料理人’’ことレイクォンの4年振りのニューアルバム「Fly international Luxurious Art」が4月28日にリリースされた。昨年12月にはウータン・クラン本隊の7年振りのアルバム「A Better Tomorrow」もドロップしており、新作を待たされていたWUファンにはたまらないリリース攻勢である。曲者揃いのWUメンバーの中でもオーソドックスなライムとフロウが持ち味のレイクォン。本作中でもベテランならではラップスキルを存分に聴かせてくれる。

肝心の中身の話であるが、アルバム発表前に発表された‘‘All About You’’はシンガーのエステルをゲストに迎え、WUメンバーにしては意外?な程に正統派で万人受けする楽曲に仕上がっている。続いて発表された‘‘Wall To Wall’’ではバスタ・ライムスにフレンチ・モンタナをゲストに迎え、こちらの曲では本来得意とする漢のワンループトラックでの熱いマイクリレーを聴かせる。やはりというか予想通りだが、アルバム全体を通してソウルフルなネタを使ったワンループのオンパレードである。恐らくWUの連中はこんな作風しか出来ないけど、それが良い。職人気質の偏った曲達は決して現在流行している音作りとは言い難いが、これぞHIP HOPの原点。ターンテーブルとサンプラーとマイクさえあれば可能性は無限大に広がるのだ。西の大御所スヌープ・ドッグをゲストに迎えた‘‘1.2 1.2’’では大胆なビズ・マーキー使いが光り、ゴーストフェイスにリック・ロスが参加した‘‘Revory”は重厚なサンプル三重奏といった趣き。レイクォンと長らく確執のあったウータンのリーダーであるRZAによるプロデュースが一曲も無いのは残念だが、様々なゲストをウータンの世界観に引き込む事に成功し非常に面白い作品に仕上がっている。HIP HOP黄金期とも言われた90年代の東海岸の音が好きな人にはマストな一枚。今まであまり興味が無かった方はウータン中毒にご注意を。このグループは三軍まで控えております(笑)
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ