ソウルピーナッツ

New Releases

Migos / Culture

17年02月13日

Release Date / Jan. 27 2017
Yung Rich Nation
2017年の初っ端からヒップホップ・シーンは新たな台風の目に襲われた。その台風の目とは何を隠そうミーゴスのスタジオアルバム「Culture」だ。アトランタ出身のヒップホップ・トリオであるミーゴスは実は結成は2008年、シーンでの初ブレイクは2013年に発表したミックステープ「Young Rich Niggas」と、キャリアはそれなりに歩んできた。しかしながら未だ全米チャートでは全体50位にも入った事がなく、おそらく熱心なヒップホップ好きにはチェックはされるだろうが、一般層への知名度は皆無といって良いくらいの存在だったろうか。そんな燻っていた?彼らへの風向きを変えた1曲こそ昨年10月にリリースしたシングル‘‘Bad And Boujee’’だ。若手のホープであるリル・ウージー・バートをゲストに迎えた同曲はリリース当初こそ低空飛行を続けたが、昨年12月からジワジワとチャートを登りだし、年が明けた1月に遂に全米シングルチャートで1位を獲得。このブレイクのきっかけはSNSによる拡散だというんだから時代を感じさせる。この‘‘Bad And Boujee’’の歌い出しの替え歌をツイッター上でアップするという、まるで大喜利さながらの弄りが大流行するとともにミーゴスもあっと言う間に全国区という訳だ。これって勝手にツイッターで拡散してくれるんだからプロモーションいらずですよね?羨ましい話です・・・更にはミーゴスがゲスト出演したドラマ『Atlanta』が米ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞するという引きの強さまで披露。たった1年前まで知名度の低かった3人組はいつの間にかアルバムリリースを渇望される存在になってしまう。いや、この注目度の中でアルバムを発表するという事は追い風のように見えて逆にプレッシャーも感じそうなものだが、今作「Culture」が全米アルバムチャートで初登場1位を獲得したのは御見事。いわゆる捨て曲無しの素晴らしいアルバムだと思う。しかもこれは筆者個人の意見だけではなく全米のリスナーの総意のようで・・・先日行なわれたNFLスーパーボウルのハーフタイムショーをガガからミーゴスに代えろなんて署名運動が巻き起こると、6万人の署名が集まりちょっとした騒動に(苦笑)年明け早々すごいグループが出たもんだ。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ