ソウルピーナッツ

New Releases

Huncho Jack / Jack Huncho

18年02月18日

Release Date / Dec. 21 2017

昨年末から米ラップ・シングルチャートやダウンロード市場でホットな動きを見せていたラップユニット = ハンチョ・ジャック(Huncho Jack)。同ユニットにとってデビューアルバムとなるのが今作「Jack Huncho」だが、これが2018年に入ると、にわかに熱くなってきた。何を隠そうこのハンチョ・ジャックとは、あのトラヴィス・スコットとミーゴスのクエヴォによるラップデュオである。(それにしてもミーゴスの連中は昨年のブレイク以降、引っ張りだこですな)まぁ、旬な2人によるプロジェクトなんだから下手な仕事はしないだろうと安心して今作を聴いてみると、想像通りのサウンドに・・・いや、期待値よりも高い完成度のコラボ具合に思わずニヤリとしてしまった。そのコンビネーションを更に濃くするべく?ゲスト参加したのはクエヴォ以外のミーゴスの面々だ。まずオフセットがゲスト参加したシングルの‘‘Dubai Shit’’、テイクオフが参加した‘‘Eye 2 Eye’’、共にシングルチャートでTOP100入りと順調な滑り出し。いや、彼等はそれだけでは無く、今作収録の‘‘Modern Slavery’’、‘‘Black & Chinese’’、‘‘Huncho Jack’’、‘‘Motorcycle Patches’’、‘‘Saint’’を含む7曲同時のチャートインという離れ業を披露。流石に同一のアーティストでこれだけ重複するとTOP10入りするようなヒット曲に繋げるのは難しいが、それでも話題性は充分だろう。このミーゴス周辺の音作りで言えば昨年のメトロ・ブーミンの一連のスマッシュヒット連発を思い出すが、このサウス寄りのサウンドは今のシーンの旬な売り時か。やはり同系統のサウンドである今作「Huncho Jack, Jack Huncho」もアルバムチャートで初登場3位、ラップチャートに限れば一躍トップに躍り出た。あのミーゴスの「Culture」のヒットからちょうど1年が経過するが、まだまだ彼等の勢いに底は見えない。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ