ソウルピーナッツ

New Releases

Fifth Harmony / 7/27

16年06月02日

Release Date / May 27 2016
7/27(ジャパン・デラックス・エディション)(初仕様付期間生産限定)
一言で言えばとにかく楽しいアルバムか。世界の音楽シーンにおいて飽和状態にあるガールズグループの中でもポップ・アイコンと言ってしまって差し支えないであろうフィフス・ハーモニーの2ndアルバム「7/27」のことである。奇をてらう必要は全く無く、直球で聴きやすいポップスの王道を地で行く様は清々しいくらい。メンバーのカミラは自身がワン・ダイレクションの大ファンである事を公言しているが、今作を聴けば思わず納得してしまった。そう、フィフス・ハーモニーは正に女性版ワン・ダイレクションと呼ぶに相応しいモンスターグループになるポテンシャルを秘めているのだ。
そのワン・ダイレクションを発掘した事で知られるイギリスのオーディション番組『Xファクター』US版のシーズン2がきっかけでデビューしたフィフス・ハーモニーは2015年の1stアルバム「Reflection」で鮮烈なデビューを飾る。ビルボードチャートで初登場5位を記録するだけでなく、同アルバムから3曲も同時にプラチナ・ディスクを獲得する等、デビュー作としてはこれ以上無いインパクトを残す。それから僅か1年のスパンで2ndアルバム「7/27」からのリードシングル‘‘Work From Home feat. タイ・ダラー・サイン’’がリリースされるとフィフス・ハーモニーのシングルとしては初となるシングルチャートTOP10入りを果たす。タイ・ダラー・サインの起用によりポップスにR&Bのフレイヴァが心地良く融合された同曲は、〈旬な音〉という表現がピッタリ。ビルボードチャートで10週以上に渡りランクインするだけでなく日本のFM曲でも耳にしない日は無いというくらいの勢いを見せる。アルバム自体は5/27にリリースされたばかりで最新チャートには反映されてはいないが「7/27」が2016年下半期に向けて台風の目になる事は間違いなさそうだ。
うん?
確かに今作はコアな音楽ファンや洋楽マニアと呼ばれるような人からは敬遠されるかもね?ただ、こんなアルバムはうん蓄なんか垂れていないで無心で楽しまないと!娯楽作品としては、これ以上無いレベルなんだから。同じアホなら踊らにゃ損々。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ