ソウルピーナッツ

New Releases

DJ Spinna / DE-Lite Dance Delights

17年08月12日

Release Date / May 24 2017
DE-LITE DANCE DELIGHTS (日本独自企画)
今作はネタ要素満載のクラシックMIXなのだが、いったい何処から説明すれば良いのか?というのもインディレーベルのウルトラヴァイヴスによる‘‘ソウル復刻シリーズ’’なる日本独自のコアな企画があるのだが、果たしてどれだけのリスナーがチェックしているだろうか?この企画はスルーしておくには勿体無いくらいの濃厚な黒いサウンドが楽しめるのでダンスミュージック好きには是非聴いてもらいたいのだが、今回はそのシリーズの中からファンク界を代表する名門中の名門レーベルであるDE-Liteの音源をピックアップ。「DE-Lite Dance Delights」と銘打たれた今コンピレーションでは、収録曲のセレクトにデ・ラ・ソウルやモス・デフらのプロデュースで名を馳せたニューヨークのDJスピナを抜擢!企画内容、DJの人選、共にツボを突き過ぎていて思わずニヤけてしまった。このシリーズの仕掛け人は余程の変態ミュージックラバーと見た(笑)と、まぁそんな今作だが、当時のディスコに通っていたような人は勿論のこと、若いDJや現行シーンのR&Bを聴いているような世代でも楽しめるMIXでは無いかと思う。やはりDE-Liteと言えばクール&ザ・ギャングに代表されるファンクバンドの王道を行くディスコサウンドが特徴的だが今聴いても全く魅力は色褪せない。いや、むしろ今聴いても抜群にカッコ良いのでは!?原点回帰の流れを感じる現行シーンともリンクしていて、絶妙にタイムリーな選曲になっているのはDJスピナの仕事だろうか。そうそう。スピナの仕事と言えば「DE-Lite Dance Delights」からのシングルカットでも変態DJぶりを発揮している。なんてったって敢えてアナログレコードでカット。しかも12インチではなくマイナーな7インチなうえに、メジャーなクール&ザ・ギャングでは無くケイジーズとメイド・イン・USAをカップリングするという徹底ぶり。DJとして文句なしの清々しさだ。コレクターズアイテムとしても一枚欲しいくらい!
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ