ソウルピーナッツ

New Releases

A$AP Ferg / Always Strive And Prosper

16年05月12日

Release Date / April 22
Always Strive and Prosper
あのエイサップ・ロッキーが所属するニューヨークのラッパー集団エイサップ・モブから第二の刺客、エイサップ・ファーグが3年ぶりとなるアルバム「Always Strive And Prosper」を発表した。同グループからはエイサップ・ロッキーに続き2人目のメジャーデビューとなった前作「Trap Lord」以来の2枚目のスタジオアルバムだ。そのロッキーが昨年にリリースした「At. Long. Last. A$AP」も素晴らしかったが、今回のファーグの「Always Strive And Prosper」も決して引けを取らない出来映えであり、全米R&B/HIP HOPチャートでは初登場2位を記録。流石に同チャートの1位はビヨンセに譲ったものの初動は上々の滑り出しである。更にビルボード総合チャートの方でも初登場で8位に食い込む等、ロッキーに続きエイサップ・モブというグループの層の厚さをまざまざと見せつけられた格好だ。
そんなファーグのニューアルバムだが、盟友エイサップ・ロッキーとの対比も面白い。昨年発表されたロッキーの「At. Long. Last. A$AP」はトラックのプロデュースの大半を身内で固めた事により世界観を統一する事に成功していたが、ファーグの「Always Strive And Prosper」は外部のトラックメイカーを積極的に起用している。DJマスタードやスウィズ・ビーツにファレル等、実にバラエティに富んだ制作陣だ。だからといって今作が雑多な印象を受ける事は無く、作品を通してエイサップ・ファーグというラッパーの世界観を堪能する事が出来る。強いて言えばDJマスタードがプロデュースし、ミッシー・エリオットがゲスト参加した‘‘Strive’’が今作の世界観から少し逸脱して聴こえるが、それさえもフロア映えする良曲である事は間違いない。他にも今作ではプロデューサー陣だけでなく、ゲストアーティストもリック・ロス、チャック・D、フューチャー、クリス・ブラウンにタイ・ダラー・サイン・・・etc.と豪華な顔ぶれがズラリ。しかしながらゲストに喰われない仕事振りはエイサップ・ロッキーにもファーグにも共通しているキャラ立ち故か?この両エースが揃い踏みしたエイサップ・モブのグループとしての新作が早くも聴きたくなったが、しばらくは今作「Always Strive And Prosper」を楽しみながら気長に待ちたいと思う。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ