ソウルピーナッツ

New Releases

50 Cent / Best Of

17年04月20日

Release Date / Mar. 30 2017
Best of [Analog]
50セント。ブレイク前の・・・MIXテープ時代から彼の音源を知っている身からすれば、路地裏のハスラーがよくここまで出世したと感慨深くなる。ニューヨークはクイーンズ出身。ストリート育ちのラッパーの御多分に漏れず、生活に窮困していたブロックで育った彼は10代の頃からドラッグの売買で生計を立てることになる。だが、そこは裏切りと銃弾が表裏一体の世界。いつ自身が命を落とすか分からない状況から50セントを救ったのがヒップホップだ。もはやニューヨークの王道のサクセスストーリーである。しかしながら、かのレジェンドDJジャム・マスター・ジェイやトラック・マスターズに見出されるも、あと1歩でメジャーデビューというところで頓挫。銃撃事件で命を落としかけた事がきっかけでプライベートでのトラブルを危惧された50セントは全米中のレコード会社からブラックリストへと入れられてしまったのだ。これは因果応報というか、ハスラー時代の禊ぎと言って良い期間だったかもしれない。デビューの道が閉ざされた事により、ひたすらアンダーグラウンドで牙を研ぐようにMIXテープでライムを磨くと、彼の存在は再び大物の目に止まる。エミネムのシェイディ・レコード、Dr.ドレのアフターマスとの共同契約という形で遂に50セントは陽の目を見るのだ。(各レーベルのブラックリストを無視するあたり、流石はドレとエミネムである)
ここからの活躍ぶりは説明不要だろう。‘‘In Da Club’’、‘‘P.I.M.P’’、‘‘Disco Inferno’’、‘‘Just A Lil Bit’’と2000年代前半を代表するヒット曲を連発。更にはソロと平行してG-ユニットとしてもヒットを飛ばすのだから手がつけられ無い。この一時代を築いた50セントといえばあえて無機質なトラックをチョイスする独特のセンスや、ルーズにビートに合わせるライムがやたらと耳に残る。このスタイルでシーンを席巻してから10年以上が経過するが、どうやら時が経っても彼の音源は色褪せることは無いようだ。今回発表されたベストアルバムを聴いてみると、古い感じが全くしないどころか当時のクラブシーンを思い出して体が勝手に動くくらいだ(笑)2年前には自己破産なんてネガティヴなニュースが流れた50セントだが、それも含めてエンターテイナーとしてブッ飛んでいると再確認した。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ