ソウルピーナッツ

New Releases

21 Savage, Offset & Metro Boomin / Without Warning

17年11月16日

Release Date / Oct. 31 2017

元々コラボ作品が乱立するヒップホップ・シーンでは珍しくない組み合わせかも知れない。しかしながら今作は全く予期せぬサプライズリリースだったので少し面食らってしまったリスナーも多いことだろう。筆者としてもありがちな旬なアーティスト同士のコラボアルバムかと思いきや、それぞれの作品が絶好調な2017年中にこんなボムをドロップしてくるとは思わなかったくらいだ。という訳で目下「Issa Album」が絶好調に売れているラッパーの21 サヴェージ、今年上半期にリリースした「Culture」によりブレイクを果たしたミーゴズからはオフセット、そしてシーン内外でヒットメイカーとしての地位を固めたメトロ・ブーミンの3者揃い踏みで制作したアルバム「Without Warning」が面白いことになっている。なんてったって21 サヴェージの「Issa Album」にいたっては現在進行形でチャートインしている最中でのリリースである。セールスの共喰いにならないかと、思わずいらぬ心配までしてしまったが、どうやら杞憂で終わりそうだ。と言うのも今作は21 サヴェージやミーゴズの各々のアルバムとは全くの別物だからだ。そう、この「Without Warning」の鍵を握るのはマイクを握るMC達では無くトラックメイカーのメトロ・ブーミンで間違い無い。グッチ・メインやフューチャーにドレイク等、名だたるラッパーから絶大な信頼を受ける売れっ子プロデューサーであるメトロは、実は今年の7月に自身のレーベルBoominati Worldwideを立ち上げたばかりだ。恐らくレーベル立ち上げから初のアルバム制作が今作になったのだろう。聴けば一発でメトロのビートと分かるトラックからは彼の仕事の充実ぶりが伺える。まずはアルバムから先行カットされたシングル‘‘Ghostface Killers’’からして無機質で殺伐としたメトロ印が全開。この手のトラックはサウスMCとの相性は抜群であるだけに、案の定 21 サヴェージとオフセットのイキイキとしたフロウが随所で楽しめた。ゲストではトラヴィス・スコットやミーゴズから盟友のクエボが援護射撃。ビルボードからはアルバムチャートにおいて今作の初登場4位という情報も入ってきたが、来年度のヒップホップ・シーンは再びサウスが熱く盛り上がるか?今後の勢力図を占う上でもメトロ・ブーミンのプロデューサーとしての手腕にも注視したい。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ