ソウルピーナッツ

New Releases

112 / Q Mike Slim Daron

17年11月09日

Release Date / Oct. 27 2017

グループとしてはおよそ12年ぶりのスタジオアルバムとなる。そもそも彼等の解散理由は身内同士の金銭トラブルだったことからもリユニオンは絶対に無いものだと思っていた。が、一転してまさかまさかの完全復活!確かに2010年頃から彼等のリユニオンの噂は絶えなかったがイマイチ信用出来ず、それどころか何を今さら再結成しても・・・と思いつつも、かつて一世を風靡した美メロを聴けば「やっぱり112は良いね!」なんて思うのだからオーディエンスとは勝手な生き物である(笑)という事で、かの名門レーベルBad BoyのR&B部門で看板を張っていた112が再結成。本当に久しぶりのニュー・アルバム「Q Mike Slim Daron」では相変わらずの絶妙なハーモニーを聴かせてくれた。
まぁ何と言っても彼等の再結成の後押しとなったのは、かつて所属したBad Boy Recordsの存在で間違い無いだろう。そう、これまでも水面下で再結成ライブを敢行しつつも中々波には乗れなかった112だったが、昨年にBad Boy Recordsの設立20周年を記念したライブ『Bad Boy Family Reunion』で4人揃ってパフォームした事により一気にリユニオン熱が過熱。ライブから年が明けた今年の7月に復活の狼煙となるシングル‘‘Strawberry’’を発表すると「Q Mike Slim Daron」のリリースに向けてレコーディングの日々を送ることになる。やはり90年代~2000年代初頭のブラックミュージックにBad Boyの存在は欠かせないと言うことだろうか、当時のリスナーには涙モノのアルバムに仕上がっている。そんな今作は、まさに112の全盛期にしのぎを削ったR&Bグループのジャギド・エッジとの共演となる‘‘Both Of Us’’が聴けたり、Bad Boyではレーベルメイトとなるフェイス・エヴァンスがインタールードでゲスト参加するわ、そしてアルバム全編に渡り112の4人の美しいハモりが聴けたりと内容もてんこ盛り。久しぶりのグループでのレコーディングでの気合いの入りようがこちらまで伝わる力作である。思わず気合いが入り過ぎて?記念すべき再結成シングルであるはずの‘‘Strawberry’’がアルバムの選曲から外れるくらいだ。あえて一言で表すとボーカルグループの教科書。
(DJ YU-1)

What's going on

our_djs

トラックステージ